発達障害の小学生・中学生の学習サポートには個別指導塾が良い?

※このページは新しいサイトに移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。

 

発達障害のお子さんの学習サポートに関して疑問を持っていらっしゃる方も多いですよね。

「どうやって勉強を教えたらいいのか?」

「どんな学習塾に通わせたらいいのか?」

「個別指導の塾の方がいいのか?」

こういった悩みを持っていらっしゃる保護者の方は多いかと思います。

お子さんの学習レベルによっても変わってきます。

しかし、相対的に考えれば、集団で一つの授業を受けるようなスタイルの学習サポートよりも、少ない人数で指導を受けられるような環境の方が適しているかと思います。

そういった意味では、個別指導塾が選択肢の一つとしてあげられるかと思います。

個別指導塾のメリットを知りたい方

は是非こちらの記事をご覧いただければと思います・

発達障害のお子さんにより適した学習サポートの方法が分かるかと思います。

 

発達障害の子供の学習サポートには個別指導塾が適切?

発達障害を持つお子さんの勉強に関しては様々な方法があります。

・放課後等デイサービスを利用する

・家庭学習を充実させる

・家庭教師のサービスを利用する

・学習塾に通わせる

こういったいくつかの選択肢の中で、

個別指導塾

というのはより高いレベルでの学習サポートを行う場合に適しています。

特に、学校の授業についていけないという学習レベルから、高校受験や大学受験などの進学を目指す場合のレベルまで幅広く対応できるからです。

お住まいの地域によっても、その選択肢は変わってくるかと思います。

もし発達障害や学習障害をお持ちのお子さんでも通える学習塾があるのであれば、個別指導を行っているかどうかを一つの判断基準に入れていただきたいと思います。

 

個別指導塾のメリット

個別指導のスタイルを取り入れている塾を利用するメリットはいくつかあります。

これは発達障害の子供のみならず言えることかと思います。

 

信頼関係が構築されやすい

個別指導塾では、講師と生徒がマンツーマンで指導を受けられる体制になります。

普段から様々なコミュニケーションをとることで、講師と生徒の信頼関係が構築されやすくなります。

 

特性に合わせて指導してもらえる

発達障害や学習障害には様々な特性があります。

個別指導の場合には、そういった子供のそれぞれの特性に合わせて指導方法を変えることができるメリットがあります。

・他の科目は得意なのに数学だけ極端に苦手

というような場合には、数学を重点的に指導し、なおかつ無理のない程度に指導を行うノウハウが既に蓄積されています。

 

専門の講師が指導してくれる

個別指導塾では普段から生徒と一対一でコミュニケーションをとることに長けた講師が教えてくれます。

また、発達障害家学習障害を持つ子供向けの個別指導塾では、専門の講師がつきっきりで勉強を教えてくれることになります。

何人もそういったお子さんを見てきた講師に任せることができるのは、大きなメリットになります

 

個別指導塾のデメリット

個別指導塾のほとんどの学習塾は、通常の学習塾よりも費用が高めに設定されていることがほとんどです。

1ヶ月にかかる月謝も、放課後等デイサービスや通常の学習塾から比べると高くなりますので、交通費なども含めて1ヶ月にどれぐらいかかるのかということを試算してから利用する必要があります。

 

目的に合わせた塾選びを

個別指導塾といってもその指導方法は様々です。

また、学習塾が目指している学習サポートの形も、塾によって変わってきますので、親御さんには、

・なぜ塾に通わせるのか

という目的の部分をはっきりと思っていただきたいと思います。

その目的に合わせて適切な塾を選ぶことが重要になるかと思います。

 

まとめ

様々な学習サポートの形がある中で、個別指導塾は最も勉強面の指導レベルが高い方法であるかと思います。

しかし、実際にその指導を受けるのは、保護者ではなく子供であるということを理解して利用する必要があるかと思います。

無理に勉強をさせようとすると、勉強自体を嫌いになってしまう可能性があります。

十分にお子さんの特性を理解して慎重に選ぶ必要があるかと思います。

発達障害の子供が大学受験の学習で通える塾の選び方

※このページは新しいサイトに移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。

 

発達障害を持つ子供でも大学受験は目指せるのかという部分に不安や悩みを持っていらっしゃる方も多いかと思います。

「発達障害」と一言で言っても、その種類や状況は一人一人の子供によって違ってきます。

そのため、学習サポートをしていく上でもその対策は変わってきます。

しかし、正しい学習支援や、大学受験に必要な勉強面のサポートを行えるのであれば、しっかりと勉強をして大学に進学することも可能です。

家庭教師や個別指導の塾という選択肢もありますし、発達障害の子どもを専門とした塾で大学受験を目指すということもできます。

こちらの記事では、発達障害の子供が大学受験をする場合の塾の選び方について解説を行っていきます。

お住まいの地域によっても選択肢は変わってくるかとは思いますが、基本的な塾の選び方を知ることで今後に活かしていただければと思います。

 

発達障害の子供でも大学受験は出来る?

発達障害の子供でも大学受験は出来ます。

特に、学校の授業にそれほど無理なくついていけるような学習レベルのお子さんでしたら、しっかりと勉強を行うことで大学受験をすることができます。

今のお子さんの学習レベルを把握することがまずは重要かと思います。

重要なのは大学受験に向けてしっかりと準備を行うということになります。

出来れば、早い段階でそのための準備のスタートをきることが重要です。

その一つとして考えられるのは学習塾の利用になります。

もちろん、放課後等デイサービスなどで学習面のサポートを行っている場合もあります。

学習塾にしても、放課後等デイサービスにしても、施設や教室によって学べることや対応などが変わってきます。

大学受験に必要な学習面のサポートを行ってもらえる環境を選ぶことが重要となります。

 

発達障害の子供が大学受験を目指す為の塾の選び方

発達障害の子供が大学受験を目指すために有効な塾の選び方を解説します。

今回は、放課後等デイサービスではなく、学習塾に限定した環境の選び方になりますので是非参考にしていただければと思います。

 

少人数制かどうか

一つの教室で多くの子供が学ぶスタイルの学習塾よりも、少人数制で授業が行われる学習塾の方が適していると思います。

子供によって向き・不向きは変わってくるかとは思います。

しかし、傾向として、一人の先生が多くの子供をサポートするよりも。より少ない人数の子供をサポートすることの方が、勉強していく上では有利に働きます。

多くの人数で一つの授業を受けるスタイルでは、気が散ってしまうという子供も多いです。

そういった意味では、個別指導か、もしくは少人数制の授業を行っている学習塾を選ぶことが重要かと思います。

 

発達障害の子供専門の塾かどうか

場合によっては発達障害の子ども専門の塾を選ぶ必要があります。

お子さんの学習レベルによっては、大学受験を目指すというよりも、まずは学校の授業についていくということが最優先される場合があります。

その場合は放課後等デイサービスでも対応は可能です。

それでも、放課後等デイサービスで対応ができない場合には、発達障害や学習障害の子供向けの学習塾に通う必要があるかと思います。

 

指導実績があるかどうか

十分な指導実績があるかどうかが重要となります。

特に、発達障害の子供でも受け入れてくれる塾で、尚且つその指導に長けた講師がいる塾であることが重要かと思います。

学校での授業と受験を目指すための勉強は若干の違いがあります。

受験を目指す場合には、子供の精神的な面でのケアを講師が行う必要があります。

そういった指導実績も含めて、経験値がその学習塾自体にあるのかどうかを判断する必要があります。

 

発達障害の子供向けの塾に通うメリットとデメリット

発達障害の子供向けの塾に通うメリットとデメリットを挙げてみます。

今のお子さんの学習レベルがどの程度なのかを判断した上で、

・通常の学習塾に通う方がいいのか

・発達障害の子供専門の学習塾に通うのがいいのか

ということを検討していただければと思います。

 

メリット

発達障害の子供との接し方に長けた講師陣がいることは、大きなメリットになります。

先ほどもあげた通り、学校の授業をサポートする場合の指導と受験のための指導は若干の違いがあります。

その上で必要になるのは、精神的なサポートになるわけですが、発達障害の子供とのコミュニケーションが円滑に進むかどうかということは非常に重要なポイントになります。

その上で、発達障害の子供専門に勉強を教えている講師陣は、そのコミュニケーションを普段から行なっている為、スムーズに指導を行うことができます。

 

デメリット

学習塾によっては、通常の塾よりも費用が高めに設定されている可能性があります。

もし送迎などのサービスも提供しているような塾であれば、その可能性は大きいかと思います。

さらに、実際に勉強教えてくれる講師もそれほど多くない為、定員が限られている可能性もあります。

 

まとめ

発達障害や学習障害を持ったお子さんでも、大学受験を目指すことは可能かと思います。

意識しなければいけないのは、今のお子さんの学習レベルがどういった状況にあるのかということを正確に判断することです。

まずはお住まいの地域で通える学習塾などをピックアップし、情報収集を始めてみるのが良いかと思います。

発達障害の子どもの勉強はタブレット学習がおすすめ

※このページは新しいサイトに移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。

 

小学校や中学校ではタブレットを利用した授業がどんどん進められています。

発達障害を持った子供の学習サポートに関しても、タブレットのアプリをうまく活用した勉強方法が注目されています。

先進的な技術を使っているから注目されているわけではなく、発達障害を持った子供に合った学習方法として注目されているのです。

タブレットを使った学習にはどういった方法があるのか

どんなメリットがあるのか

こういった疑問を持ちの方もいらっしゃるはずです。

こちらの記事では発達障害の子供がタブレット学習を行うことのメリットなどを解説していきます。

文字の読み書きが苦手な子供でも、タブレットによる学習であれば飽きずに効率的に勉強を行うことができる可能性があります。

その利点を理解して取り組むことができれば、家庭でも十分に学習サポートを行うことができるはずです。

是非こちらの記事でタブレット学習に対しての理解を深めていただければと思います。

 

発達障害の子どもにはタブレット学習がおすすめ

発達障害の子供にタブレット学習がおすすめな理由はいくつかあります。

家庭で勉強を教えたいと思っている保護者の方は、こういった点を理解して勉強を進めていくと、より子供の学習サポートに対して無理なく行うことができるようになります。

 

鉛筆を持たなくても良い

中には鉛筆を持って字を書くこと自体に、ストレスや苦手意識を感じる子供もいますよね。

そういった場合でも、タブレット学習であれば簡単な操作で学習を進めることができます。

最初のうちは慣れないかもしれませんが、使っていくうちに慣れてきて勉強することが楽しく感じることができるタイミングが出てきます。

 

自分のペースで学習出来る

もしアプリなどを利用してタブレット学習を行うのであれば、自分のペースで勉強を進めることができます。

レベル別や進度別に出てくる問題が変わりますので、無理なくストレスを感じずに学習を進めることができるのです。

 

答えがはっきりしている

人から教えてもらうよりも、機械が教えてくれた方が発達障害の子供にとっては有効な場合があります。

それは答えがはっきりしているからです。

ある問題に取り組む時に、タブレットを使った学習であれば、

答えが合っているのか

答えが間違っているのか

この二択しか判別しません。

情緒的なものであったり、人の機微に関する部分は排除されます。

この答えがはっきりしているという部分は、発達障害の子供にとっては物事を受け入れやすい環境を作ってくれます。

 

反復学習が可能

プリントなどを利用する場合と違って反復学習が可能となります。

一度解いた問題を、もう一度解くというような場合には、簡単にチャレンジすることができます。

プリント学習などの場合であれば、直接紙に書き込んで回答していくため、反復学習をする際の手間が発生します。

タブレット学習の場合には、そういった手間が省けるということになりますので、焦らず同じ問題を繰り返し挑戦していくのに適しています。

 

場所の制約が少ない

極端に言えば、タブレットがあればどこでも勉強を進めることができます。

それ以外の道具を必要とせずに、勉強を進められることはどこでも学習が可能であるということです。

お布団の中でもできてしまいます。

発達障害の子どもにとって、とにかく勉強に向かう姿勢いや、意識を養うことが重要だと思いますので、どこでも勉強ができるというメリットは大きなものになります。

 

タブレット学習をする際のアプリ

発達障害いや学習障害を持っている・持っていないに関わらず、子供が取り組めるアプリというものは数多く存在します。

またタブレットを使用した有料のeラーニングの教材なども発売されています。

こういったものの中から、お子さんがどういった種類のアプリに興味を示すかということを重要視して勉強方法を選択するようにしましょう。

どんなに優れたアプリや教材であっても、子供が取り組めなければ意味がありません。

つまり興味を持たなければ意味がないということです。

最終的には、自主性を持って学習に取り組むような姿勢を作れれば、タブレット以外の学習方法も取ることができます。

子供が興味を示したアプリや教材を取り組んでいくことが重要かと思います。

 

まとめ

タブレットを使った学習には賛否両論あります。

一般的には、

・子供が鉛筆で字を書けなくなってしまうのではないか

・漢字が書けなくなってしまうのではないか

ということが不安視されています。

しかし、発達障害の子供にとっては、まず、何かを学ぶという姿勢を意識を持ってもらうことがとても重要になります。

その意味では、タブレットを使った学習は非常に有効な手段になります。

発達障害の子供の学習支援やサポートにおすすめの教材について

※このページは新しいサイトに移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。

 

発達障害の子どもの学習支援や学習サポートにおすすめの教材は様々あります。

もちろん教材以外で勉強を教えるということも可能になります。

学習塾や放課後等デイサービスなどを利用することもできます。

しかし、近くに発達障害の子供に対しての十分な学習支援を行える施設がない場合には、家庭で保護者による学習支援を行うことも検討するべきかと思います。

「どんな教材を使ったらいいのかわからない…」

「おすすめの教材などがあれば教えてほしい!」

こういった方は是非こちらの記事をご覧いただければと思います。

通信教育のシステムを取り入れた教材や、DVDなどを使った教材など、 その教材の特徴は様々です。

お子さんに合った教材を選んで家庭でも、十分な勉強を進められるようにしていきましょう。

 

発達障害の学習支援で使う教材について

発達障害の子供のために作られた教材は数多く存在します。

学習障害や発達障害に詳しい専門家が監修を行って作られている教材や、最新のタブレットなどを使った先進的な教材などもあります。

そういった色々な種類の教材の中から、お子さんにあったレベルと取り組み方法などを考えて教材を選んでいくことが重要かと思います。

発達障害をもつ子どもにとっては、単純に勉強に取り組めばいいというものではありません。

子供の今できることの中で、何に取り組んだら次のステップに行けるのかということを、保護者側が考えて教材を選ぶ必要があるかと思います。

最初から高い目標を持つのではなく、少しずつステップアップしていけるような学習サポートを行っていくことが重要です。

 

学習サポートにおすすめの教材

学習サポートにおすすめの教材をいくつか紹介します。

教材で取り入れられている考え方や、勉強の取り組み方法なども、教材によって違いますので、お子さんに合わせた教材を選んでみてください。

 

eラーニング教材 すらら

インターネットを使った通信環境で教材が配布されるeラーニング教材です。

アニメーションなどを使ったわかりやすい解説が行われます。

また運営の担当者と保護者が連絡を取り合えるサポートのシステムがあるため、教材導入後のサポートもしっかりしています。

 

UEP SHOPの教材

子供の特性に合った教材の選び方ができるのが特徴的です。

一つのカリキュラムが定められているわけではなく、落ち着きがない子供読み書きが苦手な子どもなど、その特徴に合わせた学習方法を取り入れられるのが強みです。

 

星みつる式家庭療育DVD教材

家庭療育に特化したDVD教材になります。

特に難しい操作もなく進めることができます。

 

やまぐち学習支援プログラム

学年別に教材が分かれているため、子供のレベルに合わせて進めやすい教材になっています。

発達障害を持っている子供にとっては、学校の授業についていけない児童が多いので、前の学年の部分を勉強する場合には、こういった学年別で分けられている教材をお勧めできます。

 

全てを完璧にしようとしないことが重要

発達障害を持った子供の勉強に関しては、全てを完璧にしようとしないことが重要です。

子供にとっては勉強する意味というものをうまく理解できない子供もいると思います。

その中で親が先走って、教えたことを全て理解させようとしても無理が生じます。

分からない部分は、繰り返し反復して学習することで少しずつ定着させることができればいいわけです。

また発達障害を持っていない子供だったとしても、勉強したことを全て完璧にこなすことは到底無理なことです。

得意不得意があるということを前提としてこういった教材をうまく使っていくことが重要になります。

 

長期的な目線で取り組む

短期的な子供の学習面の成長を望むのではなく、長期的な目線で取り組んでいくことが重要だと思います。

最終的に子供が大学受験や就職などをする年齢になった時に、ある程度のレベルでの教養を身につけていることができていれば問題ないかと思います。

確かに、今回この記事で紹介している教材を使って、短期的に学校の成績を伸ばした子供の実績なども目にするかと思います。

しかし、それは行った学習時間や、学習に取り組んでいる環境などによっても差異が出てくるはずです。

あまり全ての情報を鵜呑みにせずに、子供の学習レベルに真摯に向き合うことが何よりも重要かと思います。

 

まとめ

学習障害や発達障害を持った子供におすすめの教材をいくつか紹介しました。

一番重要なのは、子供が無理なく続けられることだと思います。

どんなに優秀な教材や実績のある教材であっても、続けられなければ意味がありません。

子供にストレスがかかってしまっては元も子もありません。

その点を理解して教材を上手に利用していくことが求められます。

発達障害の子供に対しての学習支援の適切な方法

※このページは新しいサイトに移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。

 

発達障害を持つ子供への学習支援は学習塾以外でも行うことができます。

親子で一緒の問題に取り組んだりすることで、家庭でも学習支援を行っていくことができます。

しかし、

「家庭での学習サポートはどうやったらいいのだろう?」

「何か教材などを使った方法はあるのだろうか?」

こういった疑問が浮かんでくる方もいらっしゃるかと思います。

発達障害の子供に対しての学習支援のアプローチは色んな方法があります。

もちろん学習塾などを使う方法も有効です。

しかし、家庭でも十分に学習支援を行うことができます。

こちらの記事では親子で取り組む場合の学習サポートに関してまとめていきたいと思います。

 

発達障害の子供への学習支援について

発達障害の子どもへの学習支援は、健常な子供への勉強の教え方とは違います。

元々文字の読み書きが苦手であったり、計算が苦手であったりする子供が多いからです。

学校の特別学級などでも、教育を行うプロである教師が学習指導に悩むぐらい難しいものがあります。

しかし、学校や塾でないからこそ出来る勉強をできるのが家庭学習だったりします。

どんなに教え方の上手い家庭教師や、学習塾の講師学校の教師などであっても、コミュニケーションの面で子供が安心して勉強を行える環境というのが家庭になるかと思います。

そこで重要なのが、保護者がどんなポイントで勉強を教えればいいのかという点になるかと思います。

次の章では家庭で学習支援を行う際のポイントを解説していきます。

 

家庭で学習支援を行う際のポイント

家庭で親子揃って勉強を行う場合のポイントを解説します。

具体的なテクニックというよりも、心構えになりますので、こういった部分に注意して学習に関するサポートを行っていくようにしましょう。

 

肯定的に対応する

教材などを使って勉強を進める際は、全ての問題が最初から完璧にできるわけではありません。

わからなかった問題が出てきた場合には、分からなかったことを否定するのではなく、

なぜ分からなかったのか

という部分に対して肯定的に向き合うようにしましょう。

そもそも発達障害を持った子供が、なぜ勉強しなければいけないのかということに対しても真摯に向き合うべきだと考えます。

 

手の届く目標を設定する

あまりに高い目標設定をしてしまうことは、子供にとって負担以外のなにものでもありません。

特に、これから本格的に勉強を教えていく場合には、確実に超えられる目標を設定していくことが重要です。

分からない問題が出てきた時の不安感よりも、誰でも解けるような問題を繰り返し反復して解くことで得られる充実感を味わってもらうのが重要です。

 

視覚による情報を多くする

文字や言葉で言い聞かせるのではなく、絵や図解、 イラストなどを使って視覚的に情報を捉えられるような勉強方法を取り入れましょう。

文字や文章の読み書きが不得意な子供でも、イラストなどがあることで情報を正しく捉える力が身につくようになります。

 

学習時間は短時間にする

学習に取り組む時間は、徐々に長くしていくことを心がけましょう。

子供は最初から長い時間集中できるわけではありません。

これは発達障害を持った子供だけではなく、全ての子供に当てはまることだといえます。

10分の勉強時間に慣れてきたら次は20分

20分の勉強時間に慣れてきたら次は30分

こういった形で徐々に時間を伸ばしていきましょう。

 

タブレットを使った学習も効果的

最近ではタブレットを使った学習も効果的だと言われています。

先ほどもお伝えした通り、文字や文章だけの学習よりも絵や図解、もっと言えば音などを取り入れた学習方法が効果的です。

それを踏まえると、タブレットのアプリなどを使った勉強はとても効率が良く、子供を飽きさせずに勉強に向かわせることも可能です。

発達障害の子どもを対象としたeラーニングの教材などもあるぐらいです。

最初から有料のものを使うのではなく、まずはタブレットに慣れるための簡単なアプリから取り入れていくと、スムーズに入っていけるかと思います。

タブレットの操作や勉強に向かうことに慣れてきたら、有料のものを取り入れることを検討していきましょう。

こういったものを取り入れていくことで、最終的には放課後等デイサービスや学習塾などで行われる学習支援にも耐えられる集中力を養うことが可能となります。

 

まとめ

発達障害を持つ子どもに家庭で勉強を教える場合には、保護者の寄り添いがとても重要になります。

子供の短期的な成長ではなく、長期的に勉強に向かう基礎的な姿勢を整えられるようにしていくことが重要だと思います。

焦らずに子供のペースに合わせて勉強を教えていくことを忘れないようにしましょう。

埼玉県草加市で発達障害の診断や検査ができる病院・クリニック

※このページは新しいサイトに移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。

 

埼玉県草加市で発達障害の診断が出来る病院をまとめております。

子どもの発達障害は一般人ではもちろん判断しにくい為、気になる場合には早めに病院やクリニックにて医師による検査・診断を受けましょう。

もし発達障害であると診断された場合、草加市では子育て支援、児童福祉の観点での支援が行われております。

こちらのサイトでも多くの情報提供を心掛けておりますのでぜひ草加市の窓口等に相談してみましょう。

続きを読む埼玉県草加市で発達障害の診断や検査ができる病院・クリニック