学習障害(LD)を持つ中学生の勉強方法 数学は教材を使えば大丈夫?

※このページは新しいサイトに移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。

 

学習障害を持った子供で数学が不得意な子供はかなり多いですよね。

「数字などは普通に読み書きできるのに、計算になるとできない…」

そういった方もいらっしゃいます。

発達障害や学習障害を持つ子供の保護者の方は、そういった子供に対してどういった勉強面のサポートをすべきなのでしょうか。

小学生や中学生高校生など年齢によってどんどんレベルが上がっていくのが数学です。

覚えなければいけない公式であったり法則がたくさんあります。

数学の勉強方法はどのようにしたら効率よく学習できるのかこちらの記事では解説を行っていきます。

もし今、お子さんが数学が苦手な場合は、是非参考にしてみていただければと思います。

教材を使った家庭学習や学習塾などに通うという具体的な方法はありますが、一番重要なのは、今のお子さんのレベルに合った方法を選択するということです。

 

数学が極端に苦手な子供が多い

学習障害を持っている子供の中には、数学だけが極端に苦手な子供が多いです。

ひらがなや漢字の読み書きができても、数字の計算が入ってくると問題を解けないか、もしくは問題を解くまでにかなりの時間をかけてしまう子が多いのです。

数学の場合は、ひらがなや漢字の他にも記号の意味を覚えなければいけなかったりしますよね。

文章と数字そして記号などが入り混じった数学は、とても理解しにくい分野である場合が多いのです。

また、小学生の時はある程度の計算はできたのにも関わらず、中学生になって数学という教科になってから苦手意識を持つようになる子供も多くいます。

これは学習障害の子供に限ったことではありません。

中学生になると一気に数学でとかなければいけない問題のレベルが上がるためです。

学校の授業だけではなく、家庭での勉強面のサポートを行わないと行けなくなることが多いようです。

 

学習障害を持つ中学生の勉強方法について

学習障害を持つ中学生の勉強方法に関しては様々な方法があります。

放課後等デイサービスを利用する

学習塾に通う

教材などを使って家庭学習を頑張る

それぞれにメリットとデメリットがありますが、いきなり学習塾などに通うよりも、教材で学校の授業を補うようなことができればベストです。

その場合は、子供が問題を解いたら保護者が答え合わせをしてあげるなどの手間は発生しますが、逆に言えば、子供の学習レベルを正確に知ることができる機会になります。

もし数学の勉強が苦手な子供である場合には、まずは簡単な教材から始めてみて、自分の子供の学習レベルがどの程度なのかということを分かってから、学習塾などの利用を検討してみましょう。

 

数学を勉強するのにおすすめの映像教材

数学を勉強するのにおすすめなのは映像教材になります。

数学の場合は、文章を読む理解する書くということ以外に計算するという能力が必要になります。

映像教材はその中でも、文章を読んだり理解するという部分の負担を和らげてくれます。

いきなり文字ばかりの教材を使って勉強を始めるよりも、まずは映像教材で勉強を進める事を検討してみましょう。

こちらではお勧めの映像教材を集めてみましたのでご紹介します。

 

映像授業Try IT(トライイット)

YouTubeを使った講義形式の映像教材になっています。

YouTube基本的には無料で視聴することが可能になります。

時間がある時に自分のペースで進めることができます。

TryIT

 

とある男が授業をしてみた

個人のユーチューバーが行っている講義形式のYouTube映像になります。

先述したトライイットと同じような形で様々な科目の勉強を行うことができます。

数学以外にも様々な科目の勉強を進めることができるので、授業で習ったことを補足的に学習するのに役立ちます。

とある男が授業をしてみた

 

eラーニング教材 すらら

インターネット通信を使った通信教育の一種になります。

いろんなイラストのアニメーションが多様されていて、理解するための工夫がふんだんに盛り込まれています。

eラーニング教材 すらら

 

教材を使うなら「くもんの基礎がため」

もし字を書くことや文章の読み書きにストレスなく取り組むことができるお子さんであれば、市販の教材を使ってみるのも有効な手段かと思います。

その場合は「くもんの基礎がため」という教材のシリーズがありますので、その中の数学の分野の教材を重点的に取り組んでみるのもありだと思います。

くもんの基礎がため

「基礎がため」というだけあって、かなり基本的な部分を強化するのに利用できます。

 

まとめ

数学自体はコツを掴んでしまえばスラスラ解けるような問題ばかりです。

問題ごとに使われている数字が違ったり、使うべき公式が違ったりするだけなので、反復してそういった原理原則を覚えてしまえば問題ないでしょう。

少しずつ幅広い分野の問題を解いて、お子さんがどういった分野が苦手なのかということを知ることができれば、その分野を重点的に学習していくのが良いかと思います。

学習障害・発達障害の中学生の為の勉強方法 使える教材などは?

※このページは新しいサイトに移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。

 

学習障害の中学生を持つ保護者の方にとっては、

「どうやって勉強を行えばいいのか?」

「どうすれば授業についていけるようになるのか?」

という形で勉強方法についての悩みを多く抱えている方がいらっしゃいます。

小学生の時とは違って一段とレベルが上がる中学生の勉強への取り組みというのは難しいものがありますよね。

発達障害や学習障害を持つ子供向けに販売されている教材などもありますが、そういったものをうまく使えるかどうかも不安が残るかと思います。

学習障害や発達障害であっても、勉強をすればしっかりと学校の授業についていくことは可能ですし、もっと言えば、高校受験や大学受験を目指すことさえできます。

こちらの記事では、発達障害の中学生が行うべき勉強方法について解説を行っていきます。

勉強する方法は一つだけではありません。

様々な方法がありますので、お子さんに会った方法を選んでいただければと思います。

 

学習障害の中学生におすすめの勉強方法は?

学習障害や発達障害の中学生におすすめの勉強方法はいくつかあります。

学習塾や家庭教師など個別指導も考えられますが、地域によっては利用しにくい所にお住まいの方もいらっしゃるかと思います。

そういった場合は、市販の教材を利用したり、映像教材などを使って遠隔で講義を受けるということも可能です。

最近ではeラーニングなどの通信教育も行われています。

いくつかの方法を見て頂いて、お子さんに合った勉強方法で取り組んでいただければと思います。

 

教材を利用する

学習障害の専門家の方が監修した教材などを利用して勉強する方法です。

家庭で行うことができますし、特別な準備をする必要もなく教材を購入すれば気軽に始めることができます。

科目ごとに教材が分かれている場合には、苦手な科目だけの教材を購入して取り組むことも可能です。

 

Youtubeを活用する

 

現在、YouTubeでは教育関連の動画もかなりの数が投稿されています。

かなり初歩的な部分を補足する為の講義動画や、受験のために必要な高度な講義を行っている動画など種類は様々です。

もし授業についていけない場合に関しては、一つ下の学年などの講義動画を見ることで理解度を深めることが重要かもしれません。

そういった場合でも、学年別に講義されているYouTubeの動画などを利用すれば効率的に学習することができると思います。

 

家庭教師に依頼する

お住まいの地域に家庭教師を依頼できるような環境があるようであれば、個別指導をお願いすることも可能です。

家庭教師の方にお願いすることの大きなメリットは、お子さんの学習レベルをは正確に判断できるということです。

プロの視点から見て、どの分野でどういった勉強方法が適しているのかということを判断し、その都度指導方法を変えることができます。

他の勉強方法よりも費用が多くかかってしまうことは否めませんが、それだけのメリットがあるということになります。

 

通信教育を利用する

最近ではタブレットなどを利用した手軽に始められる通信教育もサービス提供されています。

中には保護者がいつでも相談できるようなサポートの窓口を用意している会社もあるぐらいです。

こういったところをうまく利用することができれば、お子さんの苦手分野を正しく把握することができ、尚且つ、お子さんのペースに合わせて学習を進めることができるのです。

 

学習塾に通う

定期的に学習塾に通うことも視野に入れてみるといいと思います。

学習障害や発達障害の子どもにとって、勉強できる環境を用意してあげるということはとても重要なことです。

いくらやる気があっても環境が整っていないと、すぐに集中力が散漫になってしまったり、まとまった時間机に向かうことができなかったりします。

学習塾であればそういった部分を払拭することができます。

また、放課後等デイサービス等では、学習塾に近いようだ勉強面のサポートを行っている施設もあります。

お住まいの地域の近くにそういった施設があるのであれば、1度話を聞いてみるのもいいかもしれません。

 

勉強すれば高校や大学も受験できる?

中学生の段階での学習レベルがどの程度あるかにもよりますが、発達障害や学習障害を持った子供であっても、大学受験などに挑戦しているお子さんは大勢いらっしゃいます。

学習塾などでもそういった指導を受けることが可能です。

間違いなく言えるのは、正しい方法で勉強を行って費やした時間だけ理解が深まるような勉強を行うということです。

その結果として、最終的に大学受験を目指せるレベルに行ける可能性はあるかとは思います。

 

まとめ

学習障害の中学生が行える勉強方法を解説してきました。

様々な方法がありますので、お子さんに合った勉強方法を取り入れていきましょう。

もし家庭学習などを行う場合には、保護者の方のサポートも必要になります。

家庭で勉強に取り組むことが習慣化されるまで、焦らずお子さんと一緒に頑張る工夫が必要になってくるかと思います。

学習障害の子供の為の英語の勉強法について ディスレクシアでも大丈夫

※このページは新しいサイトに移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。

 

学習障害を持った子供の中には、英語の勉強がなかなかうまく進められない子が多いですよね。

こちらの記事をご覧いただいている方の中にも、お子さんが英語の勉強で苦戦しているという方もいらっしゃるかと思います。

「どうすればうまく英語を覚えられるのか?」

「何かコツがあるのか?」

そんな風に思う方もいらっしゃると思います。

発達障害や学習障害を持った人の英語の勉強に関しては、その人に合わせた勉強方法を取り入れることで、今よりもより効率的に勉強を進めることができます。

重要なのは、

・どの部分ができていてどんなことができないのか

それを把握することかと思います。

一言で英語と言っても、

・英語を聞き取る能力

・英語を書く能力

・文章を構築する能力

様々ありますので、どういった部分ができていないのかというところを把握してから、家庭での学習面のサポートを行っていくのが良いかと思います。

こちらの記事では、学習障害を持つ子供の英語の勉強法について解説を行っていきます。

是非参考にしていただければと思います。

 

学習障害・発達障害の子供は英語だけ出来ない?

学習障害を持った子供だけではなく、英語だけができないという子供は数多くいます。

元々日本人なので、違う国の言語を学ぶということはそんなに簡単なことではありません。

しかし、発達障害や学習障害を持つ子どもが英語を学ぶ場合には、次で紹介するポイントに合わせた勉強方法を取り入れることで解決できる部分はあるかと思います。

まずはどんなところで躓いているのかを把握できるようにしましょう。

 

聞きとった英語を書けない

英語を勉強していく上でポイントになるのは、

耳から入ってくる音の情報

と、

英語の綴り

とが噛み合わない点です。

聞き取った英語を正確に英単語や文章に直すことが難しいと感じている子供は多いはずです。

リスニングの部分とライティングの部分がうまく合致していないのです。

意味は分かっているけれども、英単語として書くことができない場合が多く発生します。

 

単語のつづりを覚えられない

英語の聞き取りやその単語の意味は分かっているけれども、単語の綴り自体を覚えられないという場合があります。

この場合には、単純に英単語を書く練習を徐々に増やしていけば覚えられるようになります。

綴りが覚えられないのは、アルファベットの発音が頭の中でうまく処理できていないからです。

しっかりと音で聞き取った情報を、正確に正しい綴りに落とし込めるように練習していけば大丈夫です。

 

読むことは出来るけど書けない

書いてある英単語や文章を読んで、意味を理解できる、もしくは発音することはできるがそれを同じように書くことができないという場合があります。

これは英単語を正確に覚えていないということが原因になっています。

学習障害や発達障害でなくてもこれらの問題は発生します。

普通の受験生なども苦戦する場面だと思います。

 

学習障害の子供の英語の勉強法

お子さんが英語の学習のどんな部分に苦手意識を持っているのかを把握したら、その部分を補強するような勉強法を取り入れましょう。

もしそれが分かりにくい場合には、下記で説明するような手順で勉強を進めていくと良いでしょう。

あまり焦らずに、ゆっくりとできることから始めていくのが良いかと思います。

 

まずはアルファベットの読み方を覚える

まずはアルファベットの読み方を覚えるということが重要です。

日本語のひらがなと違い、英語のアルファベットはシンプルな形になっているので、そのアルファベットを見たときに形自体は覚えやすいかと思います。

問題は、そのアルファベットをどう読むのかということになります。

A = エー

というとても基礎的なところを繰り返し覚えるようにしていきましょう。

英単語によって、同じアルファベットでも読み方が違う場合がありますよね。

その場合であっても、まず基本的なアルファベットの読み方をマスターすることが重要です。

 

英単語の意味と読み方を覚える

アルファベットを完璧に覚えることが出来れば、次は英単語の意味と読み方を覚えていきましょう。

おすすめなのはフォニックスという方法の勉強法になります。

海外で広く使われている英語の勉強法なのですが、とても効率的に英語の学習を行うことができます。

特に、英単語をグループ分けして、同じグループの英単語をまとめて覚えていく方法などを取り入れていけば、十分に英語力を身につけていくことが可能となります。

重要なのは、その英単語の意味と読み方をセットで覚えていくということになります。

英単語を書けるかどうかということを、一旦は後回しにして、音の情報と意味とを合致させることがとても重要になってきます。

 

覚えにくい場合にはヒントを用意する

もし、ここまでの手順の中で、お子さんがアルファベットや英単語などを覚えにくいようであれば、すぐにヒントを出してあげましょう。

イラストでもいいですし、口の動きでもいいです。

ヒントを出して答えてもらうことで、自分で答えを導き出すという訓練を行っていくと良いかと思います。

アルファベットを覚える時点では、それほど苦戦はしないかもしれません。

しかし、英単語の意味を覚えるという段階になると、苦手意識を持ってしまう子さんは多いかもしれません。

苦手意識を持ったまま勉強を進めるよりも、敢えてハードルを低くしてあげて、目の前の問題を解ける状況にあるということを教えていくのが重要になるかと思います。

 

中学生になる前に始めてもOK

お子さんによっては、中学生になる前に英語の学習を始めても良いかと思います。

・ひらがなの読み書きができる

・日常生活に必要な物の名前を答えることができる

・学校で習うような感じを書くことができる

・英語に興味を示している

こういった場合には、小学生のうちからでも、少しずつアルファベットや英単語の学習を始めていくこともできるかと思います。

特に、スマホやタブレットのアプリなどを使って、鉛筆を持たなくてもできる英語の学習は少しずつでも進めていくことができます。

重要なのは、一気に短期的な学習の成長を見込むのではなくて、長期的に見てゆっくりと英語を習得していくという意識があるかどうかです。

1日5分でも10分でも、短時間の英語学習というものを進めていけば、中学生になった時に授業にもついていきやすくなるかと思います。

現時点でのお子さんの学習レベルに合わせて、少しずつ早めに英語に慣れてもらうということも検討してみてもいいかと思います。

 

まとめ

学習障害を持った子供のための英語の勉強法について解説を行ってきました。

一番重要なのは、英語の何ができていて何ができないのかを正確に把握することです。

聞き取りができないのか、意味が分からないのか、書き取りができないのか。

それによっても対策は変わってきますので、子供が苦手意識を持っているところを、コミュニケーションをとりながら把握していくことが重要になります。

学習障害の子供のひらがなの勉強方法 読み書きや覚え方のコツ

※このページは新しいサイトに移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。

 

学習障害の子どものひらがなの勉強方法は様々あります。

「どんな方法をとればいいのか?」

「ひらがなの学習方法にはどんなものがあるのか?」

家庭で子供にひらがなの読み書きを教えようとしている方の中には、こういった疑問が湧いてくるかと思います。

ひらがなの読み書きを練習していくには、文字の発音と形さえ覚えてしまえば、後は言葉の意味を覚えていくだけになります。

英語のように単語によって読み方が変わるということが日本語の場合は少ないので比較的覚えやすいかと思います。

こちらの記事では、学習障害を持つ子どものひらがなの勉強方法について解説を行っていきます。

勉強を行っていくには、鉛筆を持つ習慣を作るということも必要になってきますので、まずは焦らず取り組んでいきましょう。

最近ではスマホやタブレットを使ったアプリによる学習方法を取り入れている学習塾もあります。

そういった部分にヒントを得ながら、お子さんに合った勉強法を取り入れていきましょう。

 

学習障害の子供のひらがなの勉強方法

学習障害の子どもにとって、ひらがなの勉強というのは向き不向きがあります。

勉強に取り組んだらすぐに要領を得てスムーズに覚えられる子供と、苦手意識を持ってしまう子供がいるのは当たり前です。

家庭学習の中でお子さんにひらがなの勉強を教えていく上で、重要なポイントを解説していきます。

 

文字の発音と形を連動させる

ひらがなの文字の発音と文字の形を連動させて覚えていくことを心がけましょう。

発達障害を持つ人にとっては、同じ文字や図形を見たとしても捉え方が違うようです。

・形を認識するのが得意な子供

・音を聞き取ることが得意な子供

がいるのです。

ひらがなを覚えていく上では、この両方を合致させないといけないのです。

 

まずは読む練習をする

ひらがなを書く練習よりも、まずは読む練習をしていきましょう。

鉛筆を持って書くということ自体にストレスを感じてしまう子供もいます。

それよりも、見たものを正確に発音し、耳から入ってくる情報と、今見ている情報とか一致させるということを重点的に取り組んでいきましょう。

見ている情報と音の情報が一致するのであれば、あとは書く練習に専念するだけです。

その中で読みにくいひらがなや言葉が出てくることがあります。

そういったものは一度後回しにして、正確に読むことが出来た言葉だけを書く練習に回すということをしていけば大きな負担にはならないでしょう。

 

苦手な文字の反復練習

苦手な文字や言葉に関しては、反復して少しずつ習得できるようにして行けば良いかと思います。

・読むのが苦手な文字

・書くのが苦手な文字

のそれぞれが出てくるかと思います。

まずは読めるようになってから書く練習を行うようにしましょう。

一番重要なのは、どの文字が苦手なのかを正確に判断することです。

そして、そのひらがなに対して、「読む」そして「書く」という反復練習を行っていきましょう。

 

えんぴつを持つ習慣をつくる

学習障害や発達障害を持った人は、鉛筆を持って勉強するということ自体にストレスを感じる人も多くいます。

それは年齢に関わらず起きることです。

まずは家庭の中で鉛筆を持つ習慣を作るということが重要かと思います。

最初のうちは、あまり長い時間勉強に費やすことができないことがあるかと思います。

集中力が長く続かないのです。

ですので、勉強を始めた最初の方は、ごく短い短時間の学習時間に止めるようにしましょう。

なるべく子供が勉強を嫌がらない環境でひらがなを覚えるということが重要なのです。

 

ひらがなを勉強する上で意識すべきこと

ひらがなを勉強する上で意識するべきことは、学習のサイクルを作るということです。

・ひらがなの読み方を覚える

・言葉の読み方を覚える

・言葉の書き方を覚える

これらを一通り行えば、何ができて何が苦手意識を持ってしまうのかが分かります。

苦手な分野を一通り洗い出したところで、あとは重点的に反復練習を行います。

このサイクルを日々の勉強を通して作り上げることができるかどうかになります。

日によって勉強に充てられる時間が変わってきたりするかもしれません。

しかし、毎日上手くサイクルを作ることができれば、勉強を進めていくうちに短い時間でも多くの言葉を覚えることができるようになるかと思います。

 

ひらがなの勉強にはアプリもおすすめ

ひらがなの勉強を行う上では、スマホやタブレットのアプリを使うことも有効な方法かと思います。

特に、タブレットを使ったひらがなの練習は書き順などの練習をすることもできます。

また、問題に答えるようなアプリの場合には、答えた回答が正解だったか間違いだったかを、アプリがすぐに返答してくれるので、子供がどんどんを自分のペースで楽しく進められる可能性も出てきます。

保護者の方がスマホを使っているようであれば、簡単なアプリを一つダウンロードして使わせてみるのも一つの手段かと思います。

 

まとめ

学習障害や発達障害を持った子供に対しての家庭でのひらがなの勉強方法について解説を行ってきました。

ひらがなは他の科目の勉強を進める上でも重要な役割を持っています。

しかし、もしお子さんがひらがなの読み書きを苦手だと思っているのであれば、あまり焦らずに進めていきましょう。

急いで覚えさせようと思って無理をさせてしまうと、ストレスが溜まってしまう可能性があります。

本当は楽しく勉強できるお子さんであっても、苦手意識を持ってしまうことで勉強を嫌いになってしまう可能性もあるのです。

少しずつできることを増やしていくことを心がけましょう。

学習障害の小学生におすすめの勉強法 家庭での親の支援は必要

※このページは新しいサイトに移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。

 

学習障害や発達障害を持った小学生の勉強方法について悩むことが多いですよね。

「どうすれば最適な勉強方法で取り組むことができるのか?」

「子供が嫌がらずに行える勉強方法はどんなものなのか?」

こういった形で疑問が浮かんでくる方も多いと思います。

特にその学習障害の特性などによっても勉強方法は変わってきます。

しかし、勉強に対しての取り組み方であったり、学習サポートの心構えというものは、どういった子供に対しても共通している部分が多いです。

それらを理解することで、お子さんに合った勉強方法を見つけることができるかと思います。

特に小学生の時期での勉強への取り組み方というのは、中学生や高校生になってからでも大きな影響を与えるかと思います。

勉強といっても、ひらがなや漢字の読み書きから、算数の計算まで様々です。

どんな勉強であっても子供が嫌がらずに継続して行えるような勉強方法に取り組むことが重要です。

こちらの記事では、小学生の勉強方法について解説を行っていきます。

是非参考にしていただければと思います。

 

学習障害の小学生の為の勉強法

学習障害や発達障害の小学生のための勉強法は様々あります。

どんな方法を取り入れたとしても、一番重要なのは、継続していくこと、そして理解度を高めていくことだと思います。

こちらでは家庭で勉強に取り組んでいく際に心がけなければいけないことをあげていきます。

 

苦手意識を持たせない

小学生の時点で勉強に対しての苦手意識を持たせないことが重要です。

まずはごく簡単な問題から取り組んでいくことをお勧めします。

勉強しても特に問題なくクリアできる問題だけを解くことで、勉強が楽しくなったり、ストレスなく取り組む習慣をつけることが重要です。

 

出来ないことを否定しない

家庭で一緒に勉強に取り組んでいると、子供を否定してしまうことがあります。

それはどんな親であっても起こり得ることです。

しかし、問題を間違った場合やできなかったことが出てきた時に否定しないようにしましょう。

あくまでも、

できなかったことを見つけることができた

というように肯定的に捉えるようにしましょう。

そして、そのことを子供に正確に伝えることが重要です。

 

甘やかし過ぎない

学習サポートをしていく上では、甘やかしすぎないことも重要です。

肯定することと、甘やかすことは違います。

勉強をしていく上で理解度を高めていく場合には、必ず問題のレベルを上げないといけない状況が生まれます。

もしかすると、その時に子供が嫌がってしまう場合があるかもしれません。

その場合には、子供が納得して勉強に取り組めるように丁寧に教えてあげる必要があります。

 

短時間で済ませる

家庭学習を行う場合には、長時間の勉強はお勧めしません。

お子さんによっては、すぐに集中力が切れてしまったり気が散ってしまうお子さんがいますよね。

その場合には、あまり無理に時間を長く取って勉強することに意味はありません。

嫌がってしまった時点で極端に理解度が低下してしまうからです。

最初はごく短時間の勉強で済ませるようにしましょう。

言ってしまえば、毎日3分必ずやることを決めるというところから始めてみてもいいと思います。

そういった時間設定から徐々に長くしていけばいいかと思います。

 

子供のレベルに合わせる

一緒に生活をしていく中で、お子さんはどんな学習レベルなのかということを正確に判断することは難しいかもしれません。

しかし、簡単な問題から時初めて徐々にレベルを上げていくことはできるかと思います。

既にお子さんができることを当たり前のようにこなしていき、お子さんのできることとできないことの把握をしていきましょう。

そうすることで、お子さんのレベルに合った学習方法を選択することができるはずです。

 

神経質にならないことが重要

いくら生活をしていく上で、もしくは今後の学校生活などを行っていく上で、勉強が必要だと言ってもあまり神経質にならないことが重要です。

特に、家庭は子供にとって安心できる場所の一つです。

その場所でストレスが溜まってしまうことは避けるべきです。

あまり神経質になりすぎずに勉強をサポートできるようにしていきましょう。

短期で集中して学習を行ったとしても長期的な定着にはなりません。

その代わり、長い時間をかけて習得したものは、その後も長く頭の中に定着してくれます。

あまり結果を求めることを急がずに、長期的な視点で家庭での学習支援を行っていくことを心がけましょう。

 

周囲と比較しても意味がない

学習障害や発達障害を持っている小学生であれば、同じ障害を持ったお子さんと話をしたり、その保護者とコミュニケーションをとることがあるかと思います。

その場合でも、他の家庭のお子さんと比べるということはしないようにしましょう。

周りと比較をしても何も意味がありません。

重要なのは、お子さんが継続して勉強に取り組める環境をどう作っていくかということです。

継続さえできれば、解ける問題やできることも増えていきます。

それが結果として将来の役に立つということです。

そもそものスタート地点がそれぞれ違いますのでその点を理解して勉強に取り組んでいきましょう。