放課後等デイサービス基本情報

学習障害・発達障害の中学生の為の勉強方法 使える教材などは?

※このページは新しいサイトに移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。

 

学習障害の中学生を持つ保護者の方にとっては、

「どうやって勉強を行えばいいのか?」

「どうすれば授業についていけるようになるのか?」

という形で勉強方法についての悩みを多く抱えている方がいらっしゃいます。

小学生の時とは違って一段とレベルが上がる中学生の勉強への取り組みというのは難しいものがありますよね。

発達障害や学習障害を持つ子供向けに販売されている教材などもありますが、そういったものをうまく使えるかどうかも不安が残るかと思います。

学習障害や発達障害であっても、勉強をすればしっかりと学校の授業についていくことは可能ですし、もっと言えば、高校受験や大学受験を目指すことさえできます。

こちらの記事では、発達障害の中学生が行うべき勉強方法について解説を行っていきます。

勉強する方法は一つだけではありません。

様々な方法がありますので、お子さんに会った方法を選んでいただければと思います。

 

学習障害の中学生におすすめの勉強方法は?

学習障害や発達障害の中学生におすすめの勉強方法はいくつかあります。

学習塾や家庭教師など個別指導も考えられますが、地域によっては利用しにくい所にお住まいの方もいらっしゃるかと思います。

そういった場合は、市販の教材を利用したり、映像教材などを使って遠隔で講義を受けるということも可能です。

最近ではeラーニングなどの通信教育も行われています。

いくつかの方法を見て頂いて、お子さんに合った勉強方法で取り組んでいただければと思います。

 

教材を利用する

学習障害の専門家の方が監修した教材などを利用して勉強する方法です。

家庭で行うことができますし、特別な準備をする必要もなく教材を購入すれば気軽に始めることができます。

科目ごとに教材が分かれている場合には、苦手な科目だけの教材を購入して取り組むことも可能です。

 

Youtubeを活用する

 

現在、YouTubeでは教育関連の動画もかなりの数が投稿されています。

かなり初歩的な部分を補足する為の講義動画や、受験のために必要な高度な講義を行っている動画など種類は様々です。

もし授業についていけない場合に関しては、一つ下の学年などの講義動画を見ることで理解度を深めることが重要かもしれません。

そういった場合でも、学年別に講義されているYouTubeの動画などを利用すれば効率的に学習することができると思います。

 

家庭教師に依頼する

お住まいの地域に家庭教師を依頼できるような環境があるようであれば、個別指導をお願いすることも可能です。

家庭教師の方にお願いすることの大きなメリットは、お子さんの学習レベルをは正確に判断できるということです。

プロの視点から見て、どの分野でどういった勉強方法が適しているのかということを判断し、その都度指導方法を変えることができます。

他の勉強方法よりも費用が多くかかってしまうことは否めませんが、それだけのメリットがあるということになります。

 

通信教育を利用する

最近ではタブレットなどを利用した手軽に始められる通信教育もサービス提供されています。

中には保護者がいつでも相談できるようなサポートの窓口を用意している会社もあるぐらいです。

こういったところをうまく利用することができれば、お子さんの苦手分野を正しく把握することができ、尚且つ、お子さんのペースに合わせて学習を進めることができるのです。

 

学習塾に通う

定期的に学習塾に通うことも視野に入れてみるといいと思います。

学習障害や発達障害の子どもにとって、勉強できる環境を用意してあげるということはとても重要なことです。

いくらやる気があっても環境が整っていないと、すぐに集中力が散漫になってしまったり、まとまった時間机に向かうことができなかったりします。

学習塾であればそういった部分を払拭することができます。

また、放課後等デイサービス等では、学習塾に近いようだ勉強面のサポートを行っている施設もあります。

お住まいの地域の近くにそういった施設があるのであれば、1度話を聞いてみるのもいいかもしれません。

 

勉強すれば高校や大学も受験できる?

中学生の段階での学習レベルがどの程度あるかにもよりますが、発達障害や学習障害を持った子供であっても、大学受験などに挑戦しているお子さんは大勢いらっしゃいます。

学習塾などでもそういった指導を受けることが可能です。

間違いなく言えるのは、正しい方法で勉強を行って費やした時間だけ理解が深まるような勉強を行うということです。

その結果として、最終的に大学受験を目指せるレベルに行ける可能性はあるかとは思います。

 

まとめ

学習障害の中学生が行える勉強方法を解説してきました。

様々な方法がありますので、お子さんに合った勉強方法を取り入れていきましょう。

もし家庭学習などを行う場合には、保護者の方のサポートも必要になります。

家庭で勉強に取り組むことが習慣化されるまで、焦らずお子さんと一緒に頑張る工夫が必要になってくるかと思います。