放課後等デイサービス基本情報

学習障害の子供のひらがなの勉強方法 読み書きや覚え方のコツ

※このページは新しいサイトに移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。

 

学習障害の子どものひらがなの勉強方法は様々あります。

「どんな方法をとればいいのか?」

「ひらがなの学習方法にはどんなものがあるのか?」

家庭で子供にひらがなの読み書きを教えようとしている方の中には、こういった疑問が湧いてくるかと思います。

ひらがなの読み書きを練習していくには、文字の発音と形さえ覚えてしまえば、後は言葉の意味を覚えていくだけになります。

英語のように単語によって読み方が変わるということが日本語の場合は少ないので比較的覚えやすいかと思います。

こちらの記事では、学習障害を持つ子どものひらがなの勉強方法について解説を行っていきます。

勉強を行っていくには、鉛筆を持つ習慣を作るということも必要になってきますので、まずは焦らず取り組んでいきましょう。

最近ではスマホやタブレットを使ったアプリによる学習方法を取り入れている学習塾もあります。

そういった部分にヒントを得ながら、お子さんに合った勉強法を取り入れていきましょう。

 

学習障害の子供のひらがなの勉強方法

学習障害の子どもにとって、ひらがなの勉強というのは向き不向きがあります。

勉強に取り組んだらすぐに要領を得てスムーズに覚えられる子供と、苦手意識を持ってしまう子供がいるのは当たり前です。

家庭学習の中でお子さんにひらがなの勉強を教えていく上で、重要なポイントを解説していきます。

 

文字の発音と形を連動させる

ひらがなの文字の発音と文字の形を連動させて覚えていくことを心がけましょう。

発達障害を持つ人にとっては、同じ文字や図形を見たとしても捉え方が違うようです。

・形を認識するのが得意な子供

・音を聞き取ることが得意な子供

がいるのです。

ひらがなを覚えていく上では、この両方を合致させないといけないのです。

 

まずは読む練習をする

ひらがなを書く練習よりも、まずは読む練習をしていきましょう。

鉛筆を持って書くということ自体にストレスを感じてしまう子供もいます。

それよりも、見たものを正確に発音し、耳から入ってくる情報と、今見ている情報とか一致させるということを重点的に取り組んでいきましょう。

見ている情報と音の情報が一致するのであれば、あとは書く練習に専念するだけです。

その中で読みにくいひらがなや言葉が出てくることがあります。

そういったものは一度後回しにして、正確に読むことが出来た言葉だけを書く練習に回すということをしていけば大きな負担にはならないでしょう。

 

苦手な文字の反復練習

苦手な文字や言葉に関しては、反復して少しずつ習得できるようにして行けば良いかと思います。

・読むのが苦手な文字

・書くのが苦手な文字

のそれぞれが出てくるかと思います。

まずは読めるようになってから書く練習を行うようにしましょう。

一番重要なのは、どの文字が苦手なのかを正確に判断することです。

そして、そのひらがなに対して、「読む」そして「書く」という反復練習を行っていきましょう。

 

えんぴつを持つ習慣をつくる

学習障害や発達障害を持った人は、鉛筆を持って勉強するということ自体にストレスを感じる人も多くいます。

それは年齢に関わらず起きることです。

まずは家庭の中で鉛筆を持つ習慣を作るということが重要かと思います。

最初のうちは、あまり長い時間勉強に費やすことができないことがあるかと思います。

集中力が長く続かないのです。

ですので、勉強を始めた最初の方は、ごく短い短時間の学習時間に止めるようにしましょう。

なるべく子供が勉強を嫌がらない環境でひらがなを覚えるということが重要なのです。

 

ひらがなを勉強する上で意識すべきこと

ひらがなを勉強する上で意識するべきことは、学習のサイクルを作るということです。

・ひらがなの読み方を覚える

・言葉の読み方を覚える

・言葉の書き方を覚える

これらを一通り行えば、何ができて何が苦手意識を持ってしまうのかが分かります。

苦手な分野を一通り洗い出したところで、あとは重点的に反復練習を行います。

このサイクルを日々の勉強を通して作り上げることができるかどうかになります。

日によって勉強に充てられる時間が変わってきたりするかもしれません。

しかし、毎日上手くサイクルを作ることができれば、勉強を進めていくうちに短い時間でも多くの言葉を覚えることができるようになるかと思います。

 

ひらがなの勉強にはアプリもおすすめ

ひらがなの勉強を行う上では、スマホやタブレットのアプリを使うことも有効な方法かと思います。

特に、タブレットを使ったひらがなの練習は書き順などの練習をすることもできます。

また、問題に答えるようなアプリの場合には、答えた回答が正解だったか間違いだったかを、アプリがすぐに返答してくれるので、子供がどんどんを自分のペースで楽しく進められる可能性も出てきます。

保護者の方がスマホを使っているようであれば、簡単なアプリを一つダウンロードして使わせてみるのも一つの手段かと思います。

 

まとめ

学習障害や発達障害を持った子供に対しての家庭でのひらがなの勉強方法について解説を行ってきました。

ひらがなは他の科目の勉強を進める上でも重要な役割を持っています。

しかし、もしお子さんがひらがなの読み書きを苦手だと思っているのであれば、あまり焦らずに進めていきましょう。

急いで覚えさせようと思って無理をさせてしまうと、ストレスが溜まってしまう可能性があります。

本当は楽しく勉強できるお子さんであっても、苦手意識を持ってしまうことで勉強を嫌いになってしまう可能性もあるのです。

少しずつできることを増やしていくことを心がけましょう。