放課後等デイサービス基本情報

学習障害の小学生におすすめの勉強法 家庭での親の支援は必要

学習障害や発達障害を持った小学生の勉強方法について悩むことが多いですよね。

「どうすれば最適な勉強方法で取り組むことができるのか?」

「子供が嫌がらずに行える勉強方法はどんなものなのか?」

こういった形で疑問が浮かんでくる方も多いと思います。

特にその学習障害の特性などによっても勉強方法は変わってきます。

しかし、勉強に対しての取り組み方であったり、学習サポートの心構えというものは、どういった子供に対しても共通している部分が多いです。

それらを理解することで、お子さんに合った勉強方法を見つけることができるかと思います。

特に小学生の時期での勉強への取り組み方というのは、中学生や高校生になってからでも大きな影響を与えるかと思います。

勉強といっても、ひらがなや漢字の読み書きから、算数の計算まで様々です。

どんな勉強であっても子供が嫌がらずに継続して行えるような勉強方法に取り組むことが重要です。

こちらの記事では、小学生の勉強方法について解説を行っていきます。

是非参考にしていただければと思います。

 

学習障害の小学生の為の勉強法

学習障害や発達障害の小学生のための勉強法は様々あります。

どんな方法を取り入れたとしても、一番重要なのは、継続していくこと、そして理解度を高めていくことだと思います。

こちらでは家庭で勉強に取り組んでいく際に心がけなければいけないことをあげていきます。

 

苦手意識を持たせない

小学生の時点で勉強に対しての苦手意識を持たせないことが重要です。

まずはごく簡単な問題から取り組んでいくことをお勧めします。

勉強しても特に問題なくクリアできる問題だけを解くことで、勉強が楽しくなったり、ストレスなく取り組む習慣をつけることが重要です。

 

出来ないことを否定しない

家庭で一緒に勉強に取り組んでいると、子供を否定してしまうことがあります。

それはどんな親であっても起こり得ることです。

しかし、問題を間違った場合やできなかったことが出てきた時に否定しないようにしましょう。

あくまでも、

できなかったことを見つけることができた

というように肯定的に捉えるようにしましょう。

そして、そのことを子供に正確に伝えることが重要です。

 

甘やかし過ぎない

学習サポートをしていく上では、甘やかしすぎないことも重要です。

肯定することと、甘やかすことは違います。

勉強をしていく上で理解度を高めていく場合には、必ず問題のレベルを上げないといけない状況が生まれます。

もしかすると、その時に子供が嫌がってしまう場合があるかもしれません。

その場合には、子供が納得して勉強に取り組めるように丁寧に教えてあげる必要があります。

 

短時間で済ませる

家庭学習を行う場合には、長時間の勉強はお勧めしません。

お子さんによっては、すぐに集中力が切れてしまったり気が散ってしまうお子さんがいますよね。

その場合には、あまり無理に時間を長く取って勉強することに意味はありません。

嫌がってしまった時点で極端に理解度が低下してしまうからです。

最初はごく短時間の勉強で済ませるようにしましょう。

言ってしまえば、毎日3分必ずやることを決めるというところから始めてみてもいいと思います。

そういった時間設定から徐々に長くしていけばいいかと思います。

 

子供のレベルに合わせる

一緒に生活をしていく中で、お子さんはどんな学習レベルなのかということを正確に判断することは難しいかもしれません。

しかし、簡単な問題から時初めて徐々にレベルを上げていくことはできるかと思います。

既にお子さんができることを当たり前のようにこなしていき、お子さんのできることとできないことの把握をしていきましょう。

そうすることで、お子さんのレベルに合った学習方法を選択することができるはずです。

 

神経質にならないことが重要

いくら生活をしていく上で、もしくは今後の学校生活などを行っていく上で、勉強が必要だと言ってもあまり神経質にならないことが重要です。

特に、家庭は子供にとって安心できる場所の一つです。

その場所でストレスが溜まってしまうことは避けるべきです。

あまり神経質になりすぎずに勉強をサポートできるようにしていきましょう。

短期で集中して学習を行ったとしても長期的な定着にはなりません。

その代わり、長い時間をかけて習得したものは、その後も長く頭の中に定着してくれます。

あまり結果を求めることを急がずに、長期的な視点で家庭での学習支援を行っていくことを心がけましょう。

 

周囲と比較しても意味がない

学習障害や発達障害を持っている小学生であれば、同じ障害を持ったお子さんと話をしたり、その保護者とコミュニケーションをとることがあるかと思います。

その場合でも、他の家庭のお子さんと比べるということはしないようにしましょう。

周りと比較をしても何も意味がありません。

重要なのは、お子さんが継続して勉強に取り組める環境をどう作っていくかということです。

継続さえできれば、解ける問題やできることも増えていきます。

それが結果として将来の役に立つということです。

そもそものスタート地点がそれぞれ違いますのでその点を理解して勉強に取り組んでいきましょう。