放課後等デイサービスの理学療法士の役割について

※このページは新しいサイトに移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。

 

放課後等デイサービスでは様々な資格を持った職員や児童指導員が働いています。

その中でも理学療法士の資格を持った職員の方もいらっしゃいます。

放課後等デイサービスは主に学童保育に近いサービスが提供されている施設になります。

その中での理学療法士の役割というものはどういった位置づけになるのでしょうか。

現在運営されている全国の放課後等デイサービスの中には様々な特色を持った施設があります。

その中で理学療法士の役割というのはその特色に合わせた仕事内容を担う形になっています。

こちらの記事では放課後等デイサービスでの理学療法士の役割について解説を行っていきます

 

放課後等デイサービスの理学療法士の役割

 

放課後等デイサービスでの理学療法士の役割は、主に基本的な動作能力の向上を手助けするために必要とされています。

例えば、

・座る

・立つ

・歩く

などの基本的な動作を手助けするためのサポートや、その動作をするための能力を回復するための指導などを行っていきます。

放課後等デイサービスに通う子供達はそのほとんどが発達障害や知的障害を持った障害児になります。

その子供たちに対して運動療法や物理療法などを用いて、自立した生活が送れるように支援していくことが理学療法士の役割となっています。

 

理学療法士が求められる理由

 

放課後等デイサービスで理学療法士が求められる理由は施設で勤務する職員に必要な資格の一つとして位置づけられているからです。

理学療法士と並ぶ形で作業療法士なども放課後等デイサービスのサービスを提供していく上では必要な人材であるというふうに定義されています

放課後等デイサービスは主に預かり型の療育を行う施設が多いのですが、中には運動療育に力を入れている施設であったり、

体の基本的な動作を身につけるための活動を行っている施設もあります。

そういった訓練を行う場合には、理学療法士又は作業療法士の資格を持った人員を配置しなければいけないという規定が定められているからです

 

まとめ

 

今後放課後等デイサービスの施設は開業ラッシュのタイミングと比較すると横ばいになる形で施設の数が維持されていくと思われます。

しかし、運営している企業の多くは常に人材が足りていない状況になります。

ですので、こういった作業療法士や理学療法士などの専門的な資格を持った人材の確保も難しい状況が続くと思われます。

もしこれを読んでいただいているあなたが、理学療法士の資格を持っていて、放課後等デイサービスの仕事に興味があるのであれば、一度お近くの施設に問い合わせをして頂くのもよろしいかと思います。

コメントする