放課後等デイサービスでの外出を伴った発達支援の活動

※このページは新しいサイトに移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。

 

放課後等デイサービスでは外出を伴った活動も行います。

もちろん基本的には施設での活動になりますが、一般の学童保育でも公園や近くの市町村が運営する施設で遊んでいるように、

放課後等デイサービスに通う子供も外での活動ができるようになっています。

外出をする場合には月間ののスケジュールに組み込まれている場合もありますし、年間のスケジュールの中にイベントとして組み込まれている場合もあります。

それは施設ごとによって異なります。

こちらの記事では放課後等デイサービスでの外出活動について解説を行っていきます。

 

放課後等デイサービスでの外出活動について

 

放課後等デイサービスでは外出してはいけないという規定は設けられていません。

安全を確保できる状態であるならば子供を外で遊ばせるような活動も行なっても良いとされています。

それらに関しても施設の利用契約時に職員の方から説明があるかと思いますが、もしこれを読んでいるあなたが、これから放課後等デイサービスの利用を検討されている方であれば、事前に施設側に外出の活動についてどういった方針で行っていくのかということを確認しておくのも良いかと思います。

 

外出活動の例

 

放課後等デイサービスで行われる外出活動は基本的には近くの公園に徒歩で向かって、遊具を使った遊びや簡単なかけっこなどを行う施設が多いようです。

大きなイベントや企画だったりすると、近くの市町村が運営しているような施設にお邪魔して、社会見学に近いような形で外出活動を行う場合もあるようです。

外に出て活動するような場合はほとんどの施設で事前に保護者に向けて説明があるはずです。

 

外出が難しい児童の対応

 

中には外出をすることが難しい児童がいるかと思います。

あまりにも落ち着きがない児童であったり、身体的に外出が厳しい場合というものがあると思います。

その場合は必ず施設の職員の方が対応してくれる形になります。

施設の中で過ごすのか、それとも他の児童とは形で対応することで外出をするのか。

これらは事前に保護者に向けて説明があるかと思います。

頻繁に外出を行うような施設を利用するようであれば事前に聞いておくことが大事です。

 

まとめ

 

放課後等デイサービス手の外出活動に関しては施設によってその頻度や内容が異なります。

近くに公園などがなかった場合には必然的に施設の中での室内での活動が増えるような形になるかと思います。

コメントする