放課後等デイサービス基本情報

発達障害の子供が大学受験の学習で通える塾の選び方

発達障害を持つ子供でも大学受験は目指せるのかという部分に不安や悩みを持っていらっしゃる方も多いかと思います。

「発達障害」と一言で言っても、その種類や状況は一人一人の子供によって違ってきます。

そのため、学習サポートをしていく上でもその対策は変わってきます。

しかし、正しい学習支援や、大学受験に必要な勉強面のサポートを行えるのであれば、しっかりと勉強をして大学に進学することも可能です。

家庭教師や個別指導の塾という選択肢もありますし、発達障害の子どもを専門とした塾で大学受験を目指すということもできます。

こちらの記事では、発達障害の子供が大学受験をする場合の塾の選び方について解説を行っていきます。

お住まいの地域によっても選択肢は変わってくるかとは思いますが、基本的な塾の選び方を知ることで今後に活かしていただければと思います。

 

発達障害の子供でも大学受験は出来る?

発達障害の子供でも大学受験は出来ます。

特に、学校の授業にそれほど無理なくついていけるような学習レベルのお子さんでしたら、しっかりと勉強を行うことで大学受験をすることができます。

今のお子さんの学習レベルを把握することがまずは重要かと思います。

重要なのは大学受験に向けてしっかりと準備を行うということになります。

出来れば、早い段階でそのための準備のスタートをきることが重要です。

その一つとして考えられるのは学習塾の利用になります。

もちろん、放課後等デイサービスなどで学習面のサポートを行っている場合もあります。

学習塾にしても、放課後等デイサービスにしても、施設や教室によって学べることや対応などが変わってきます。

大学受験に必要な学習面のサポートを行ってもらえる環境を選ぶことが重要となります。

 

発達障害の子供が大学受験を目指す為の塾の選び方

発達障害の子供が大学受験を目指すために有効な塾の選び方を解説します。

今回は、放課後等デイサービスではなく、学習塾に限定した環境の選び方になりますので是非参考にしていただければと思います。

 

少人数制かどうか

一つの教室で多くの子供が学ぶスタイルの学習塾よりも、少人数制で授業が行われる学習塾の方が適していると思います。

子供によって向き・不向きは変わってくるかとは思います。

しかし、傾向として、一人の先生が多くの子供をサポートするよりも。より少ない人数の子供をサポートすることの方が、勉強していく上では有利に働きます。

多くの人数で一つの授業を受けるスタイルでは、気が散ってしまうという子供も多いです。

そういった意味では、個別指導か、もしくは少人数制の授業を行っている学習塾を選ぶことが重要かと思います。

 

発達障害の子供専門の塾かどうか

場合によっては発達障害の子ども専門の塾を選ぶ必要があります。

お子さんの学習レベルによっては、大学受験を目指すというよりも、まずは学校の授業についていくということが最優先される場合があります。

その場合は放課後等デイサービスでも対応は可能です。

それでも、放課後等デイサービスで対応ができない場合には、発達障害や学習障害の子供向けの学習塾に通う必要があるかと思います。

 

指導実績があるかどうか

十分な指導実績があるかどうかが重要となります。

特に、発達障害の子供でも受け入れてくれる塾で、尚且つその指導に長けた講師がいる塾であることが重要かと思います。

学校での授業と受験を目指すための勉強は若干の違いがあります。

受験を目指す場合には、子供の精神的な面でのケアを講師が行う必要があります。

そういった指導実績も含めて、経験値がその学習塾自体にあるのかどうかを判断する必要があります。

 

発達障害の子供向けの塾に通うメリットとデメリット

発達障害の子供向けの塾に通うメリットとデメリットを挙げてみます。

今のお子さんの学習レベルがどの程度なのかを判断した上で、

・通常の学習塾に通う方がいいのか

・発達障害の子供専門の学習塾に通うのがいいのか

ということを検討していただければと思います。

 

メリット

発達障害の子供との接し方に長けた講師陣がいることは、大きなメリットになります。

先ほどもあげた通り、学校の授業をサポートする場合の指導と受験のための指導は若干の違いがあります。

その上で必要になるのは、精神的なサポートになるわけですが、発達障害の子供とのコミュニケーションが円滑に進むかどうかということは非常に重要なポイントになります。

その上で、発達障害の子供専門に勉強を教えている講師陣は、そのコミュニケーションを普段から行なっている為、スムーズに指導を行うことができます。

 

デメリット

学習塾によっては、通常の塾よりも費用が高めに設定されている可能性があります。

もし送迎などのサービスも提供しているような塾であれば、その可能性は大きいかと思います。

さらに、実際に勉強教えてくれる講師もそれほど多くない為、定員が限られている可能性もあります。

 

まとめ

発達障害や学習障害を持ったお子さんでも、大学受験を目指すことは可能かと思います。

意識しなければいけないのは、今のお子さんの学習レベルがどういった状況にあるのかということを正確に判断することです。

まずはお住まいの地域で通える学習塾などをピックアップし、情報収集を始めてみるのが良いかと思います。