放課後等デイサービス基本情報

発達障害の子どもの勉強はタブレット学習がおすすめ

※このページは新しいサイトに移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。

 

小学校や中学校ではタブレットを利用した授業がどんどん進められています。

発達障害を持った子供の学習サポートに関しても、タブレットのアプリをうまく活用した勉強方法が注目されています。

先進的な技術を使っているから注目されているわけではなく、発達障害を持った子供に合った学習方法として注目されているのです。

タブレットを使った学習にはどういった方法があるのか

どんなメリットがあるのか

こういった疑問を持ちの方もいらっしゃるはずです。

こちらの記事では発達障害の子供がタブレット学習を行うことのメリットなどを解説していきます。

文字の読み書きが苦手な子供でも、タブレットによる学習であれば飽きずに効率的に勉強を行うことができる可能性があります。

その利点を理解して取り組むことができれば、家庭でも十分に学習サポートを行うことができるはずです。

是非こちらの記事でタブレット学習に対しての理解を深めていただければと思います。

 

発達障害の子どもにはタブレット学習がおすすめ

発達障害の子供にタブレット学習がおすすめな理由はいくつかあります。

家庭で勉強を教えたいと思っている保護者の方は、こういった点を理解して勉強を進めていくと、より子供の学習サポートに対して無理なく行うことができるようになります。

 

鉛筆を持たなくても良い

中には鉛筆を持って字を書くこと自体に、ストレスや苦手意識を感じる子供もいますよね。

そういった場合でも、タブレット学習であれば簡単な操作で学習を進めることができます。

最初のうちは慣れないかもしれませんが、使っていくうちに慣れてきて勉強することが楽しく感じることができるタイミングが出てきます。

 

自分のペースで学習出来る

もしアプリなどを利用してタブレット学習を行うのであれば、自分のペースで勉強を進めることができます。

レベル別や進度別に出てくる問題が変わりますので、無理なくストレスを感じずに学習を進めることができるのです。

 

答えがはっきりしている

人から教えてもらうよりも、機械が教えてくれた方が発達障害の子供にとっては有効な場合があります。

それは答えがはっきりしているからです。

ある問題に取り組む時に、タブレットを使った学習であれば、

答えが合っているのか

答えが間違っているのか

この二択しか判別しません。

情緒的なものであったり、人の機微に関する部分は排除されます。

この答えがはっきりしているという部分は、発達障害の子供にとっては物事を受け入れやすい環境を作ってくれます。

 

反復学習が可能

プリントなどを利用する場合と違って反復学習が可能となります。

一度解いた問題を、もう一度解くというような場合には、簡単にチャレンジすることができます。

プリント学習などの場合であれば、直接紙に書き込んで回答していくため、反復学習をする際の手間が発生します。

タブレット学習の場合には、そういった手間が省けるということになりますので、焦らず同じ問題を繰り返し挑戦していくのに適しています。

 

場所の制約が少ない

極端に言えば、タブレットがあればどこでも勉強を進めることができます。

それ以外の道具を必要とせずに、勉強を進められることはどこでも学習が可能であるということです。

お布団の中でもできてしまいます。

発達障害の子どもにとって、とにかく勉強に向かう姿勢いや、意識を養うことが重要だと思いますので、どこでも勉強ができるというメリットは大きなものになります。

 

タブレット学習をする際のアプリ

発達障害いや学習障害を持っている・持っていないに関わらず、子供が取り組めるアプリというものは数多く存在します。

またタブレットを使用した有料のeラーニングの教材なども発売されています。

こういったものの中から、お子さんがどういった種類のアプリに興味を示すかということを重要視して勉強方法を選択するようにしましょう。

どんなに優れたアプリや教材であっても、子供が取り組めなければ意味がありません。

つまり興味を持たなければ意味がないということです。

最終的には、自主性を持って学習に取り組むような姿勢を作れれば、タブレット以外の学習方法も取ることができます。

子供が興味を示したアプリや教材を取り組んでいくことが重要かと思います。

 

まとめ

タブレットを使った学習には賛否両論あります。

一般的には、

・子供が鉛筆で字を書けなくなってしまうのではないか

・漢字が書けなくなってしまうのではないか

ということが不安視されています。

しかし、発達障害の子供にとっては、まず、何かを学ぶという姿勢を意識を持ってもらうことがとても重要になります。

その意味では、タブレットを使った学習は非常に有効な手段になります。