放課後等デイサービス基本情報

発達障害の小学生・中学生の学習サポートには個別指導塾が良い?

※このページは新しいサイトに移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。

 

発達障害のお子さんの学習サポートに関して疑問を持っていらっしゃる方も多いですよね。

「どうやって勉強を教えたらいいのか?」

「どんな学習塾に通わせたらいいのか?」

「個別指導の塾の方がいいのか?」

こういった悩みを持っていらっしゃる保護者の方は多いかと思います。

お子さんの学習レベルによっても変わってきます。

しかし、相対的に考えれば、集団で一つの授業を受けるようなスタイルの学習サポートよりも、少ない人数で指導を受けられるような環境の方が適しているかと思います。

そういった意味では、個別指導塾が選択肢の一つとしてあげられるかと思います。

個別指導塾のメリットを知りたい方

は是非こちらの記事をご覧いただければと思います・

発達障害のお子さんにより適した学習サポートの方法が分かるかと思います。

 

発達障害の子供の学習サポートには個別指導塾が適切?

発達障害を持つお子さんの勉強に関しては様々な方法があります。

・放課後等デイサービスを利用する

・家庭学習を充実させる

・家庭教師のサービスを利用する

・学習塾に通わせる

こういったいくつかの選択肢の中で、

個別指導塾

というのはより高いレベルでの学習サポートを行う場合に適しています。

特に、学校の授業についていけないという学習レベルから、高校受験や大学受験などの進学を目指す場合のレベルまで幅広く対応できるからです。

お住まいの地域によっても、その選択肢は変わってくるかと思います。

もし発達障害や学習障害をお持ちのお子さんでも通える学習塾があるのであれば、個別指導を行っているかどうかを一つの判断基準に入れていただきたいと思います。

 

個別指導塾のメリット

個別指導のスタイルを取り入れている塾を利用するメリットはいくつかあります。

これは発達障害の子供のみならず言えることかと思います。

 

信頼関係が構築されやすい

個別指導塾では、講師と生徒がマンツーマンで指導を受けられる体制になります。

普段から様々なコミュニケーションをとることで、講師と生徒の信頼関係が構築されやすくなります。

 

特性に合わせて指導してもらえる

発達障害や学習障害には様々な特性があります。

個別指導の場合には、そういった子供のそれぞれの特性に合わせて指導方法を変えることができるメリットがあります。

・他の科目は得意なのに数学だけ極端に苦手

というような場合には、数学を重点的に指導し、なおかつ無理のない程度に指導を行うノウハウが既に蓄積されています。

 

専門の講師が指導してくれる

個別指導塾では普段から生徒と一対一でコミュニケーションをとることに長けた講師が教えてくれます。

また、発達障害家学習障害を持つ子供向けの個別指導塾では、専門の講師がつきっきりで勉強を教えてくれることになります。

何人もそういったお子さんを見てきた講師に任せることができるのは、大きなメリットになります

 

個別指導塾のデメリット

個別指導塾のほとんどの学習塾は、通常の学習塾よりも費用が高めに設定されていることがほとんどです。

1ヶ月にかかる月謝も、放課後等デイサービスや通常の学習塾から比べると高くなりますので、交通費なども含めて1ヶ月にどれぐらいかかるのかということを試算してから利用する必要があります。

 

目的に合わせた塾選びを

個別指導塾といってもその指導方法は様々です。

また、学習塾が目指している学習サポートの形も、塾によって変わってきますので、親御さんには、

・なぜ塾に通わせるのか

という目的の部分をはっきりと思っていただきたいと思います。

その目的に合わせて適切な塾を選ぶことが重要になるかと思います。

 

まとめ

様々な学習サポートの形がある中で、個別指導塾は最も勉強面の指導レベルが高い方法であるかと思います。

しかし、実際にその指導を受けるのは、保護者ではなく子供であるということを理解して利用する必要があるかと思います。

無理に勉強をさせようとすると、勉強自体を嫌いになってしまう可能性があります。

十分にお子さんの特性を理解して慎重に選ぶ必要があるかと思います。