ADHDの中学生は塾に通えるのか 個別指導の方が良い?

※このページは新しいサイトに移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。

ADHDのお子さんをお持ちの方は、勉強面での不安を感じることは多いですよね。

発達障害を持った子供の学習サポートに関してはいろんな方法があります。

もちろん、塾に通うというのもその一つです。

「ADHDの中学生でも塾に通えるの?」

「ちゃんと授業に集中できるかどうかが不安…」

そんな疑問や悩みをお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

塾によっては、ADHDの中学生を受け入れています。

また、発達障害を持っている子供向けの塾も地域によっては運営されています。

ADHDの中学生の塾の情報を知りたい方

どういった勉強法が向いているのかを検討したい方

こういった方はm是非こちらの記事をご覧いただければと思います。

 

ADHDの中学生は塾に通える?

ADHDの中学生でも、問題なく塾に通うことはできます。

ただし、お子さんの特性によっては、授業を受けることが難しい場合もあります。

注意欠陥や多動性などの特性を持っているお子さんに関しては、長い時間集中して先生の話を聞くことはできませんよね。

そういった場合でも、塾によって対応してくれる場合があります。

また、発達障害の子供向けの学習塾である場合には、ADHDの中学生を受け入れることを前提として運営されていますので、問題なく学習サポートを受けることができるかと思います。

塾を利用される前に、

学習塾のレベル

指導内容や指導方法

について問い合わせてみることをお勧めします。

また、お知り合いの方に、既に塾を利用されている方がいらっしゃれば評判を聞いてみるのもいいと思います。

 

勉強に集中できるか不安な場合

塾の利用を考えている方で、お子さんが勉強に集中できるか不安な方もいらっしゃいますよね。

先ほどお伝えした通り、塾によって発達障害を持った子供に対しての学習サポートの対応は違ってきます。

不安が大きい場合は、次に挙げるような方法での勉強面でのサポートを行うことも検討に入れていきましょう。

 

個別指導の塾を利用する

個別指導を行なっている塾であれば、別の子供に迷惑をかけることはありません。

先生も個々に生徒と向き合うことができるので、ADHDの中学生でも問題なく授業を受けることができるでしょう。

ただし、一度に複数の子供を受け持つ一般の学習塾とは違って、費用が高めに設定されている可能性が高いです。

 

家庭教師に依頼する

塾に通うことが難しいお子さんの場合は、家庭教師に依頼するということも視野に入れてみましょう。

家庭教師のサービス自体は、一昔前よりもかなり一般的なサービスになりました。

勉強を教えてくれる先生の数自体も、極端に少ないわけではありません。

費用面を考慮して積極的に検討してみてもいいかもしれません。

 

家庭での勉強を重視する

お子さんが一番安心できる相手は家族だと思います。

そういった意味では、家庭での学習を重視するということも一つの選択肢かと思います。

学習塾だけが勉強をする場として存在しているわけではありません。

最近ではタブレットを使って通信教育を受けられるサービスもあります。

そういった、家庭でできる方法で、段々と勉強すること自体に慣れていくということも必要かもしれませんね。

 

ADHDの特性に合わせて勉強法が出来るか

ADHDの中学生が勉強を行う場合には、その方法がお子さんの特性に合わせた方法であるかどうかが重要です。

ただ闇雲にテキストをこなしていくというような勉強法は適切とは言えないでしょう。

さらに、勉強のペースも人によって様々ですし、学校の授業について行けるかどうかというのも一つの指標になってきます。

同じ発達障害を持っていたとしても、特性によって異なる勉強法を採用する必要があります。

その点においては、学習塾の経験ある先生のアドバイスをもらいながら進めていくことは、とても有効な方法だと思います。

 

子供が勉強に意欲を持つことが重要

ここまでADHDの中学生が塾に通う場合の解説を行ってきました。

最も重要なのはお子さんが勉強をすることに意欲を持って取り組めるかどうかです。

高校受験であれ、大学受験であれ、すべては勉強を継続することが必要になります。

また、受験などをしないとしても、単発の学習よりも、少しずつでも長く継続していく勉強が一番定着します。

つまり、

子供が継続して取り組めるかどうか

という部分を重視しなければいけないということです。

もしそれが無いのであれば、学習塾などを利用したとしてもあまり良い結果は得られないのではないかなと思います。

発達障害の小学生・中学生の学習サポートには個別指導塾が良い?

※このページは新しいサイトに移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。

 

発達障害のお子さんの学習サポートに関して疑問を持っていらっしゃる方も多いですよね。

「どうやって勉強を教えたらいいのか?」

「どんな学習塾に通わせたらいいのか?」

「個別指導の塾の方がいいのか?」

こういった悩みを持っていらっしゃる保護者の方は多いかと思います。

お子さんの学習レベルによっても変わってきます。

しかし、相対的に考えれば、集団で一つの授業を受けるようなスタイルの学習サポートよりも、少ない人数で指導を受けられるような環境の方が適しているかと思います。

そういった意味では、個別指導塾が選択肢の一つとしてあげられるかと思います。

個別指導塾のメリットを知りたい方

は是非こちらの記事をご覧いただければと思います・

発達障害のお子さんにより適した学習サポートの方法が分かるかと思います。

 

発達障害の子供の学習サポートには個別指導塾が適切?

発達障害を持つお子さんの勉強に関しては様々な方法があります。

・放課後等デイサービスを利用する

・家庭学習を充実させる

・家庭教師のサービスを利用する

・学習塾に通わせる

こういったいくつかの選択肢の中で、

個別指導塾

というのはより高いレベルでの学習サポートを行う場合に適しています。

特に、学校の授業についていけないという学習レベルから、高校受験や大学受験などの進学を目指す場合のレベルまで幅広く対応できるからです。

お住まいの地域によっても、その選択肢は変わってくるかと思います。

もし発達障害や学習障害をお持ちのお子さんでも通える学習塾があるのであれば、個別指導を行っているかどうかを一つの判断基準に入れていただきたいと思います。

 

個別指導塾のメリット

個別指導のスタイルを取り入れている塾を利用するメリットはいくつかあります。

これは発達障害の子供のみならず言えることかと思います。

 

信頼関係が構築されやすい

個別指導塾では、講師と生徒がマンツーマンで指導を受けられる体制になります。

普段から様々なコミュニケーションをとることで、講師と生徒の信頼関係が構築されやすくなります。

 

特性に合わせて指導してもらえる

発達障害や学習障害には様々な特性があります。

個別指導の場合には、そういった子供のそれぞれの特性に合わせて指導方法を変えることができるメリットがあります。

・他の科目は得意なのに数学だけ極端に苦手

というような場合には、数学を重点的に指導し、なおかつ無理のない程度に指導を行うノウハウが既に蓄積されています。

 

専門の講師が指導してくれる

個別指導塾では普段から生徒と一対一でコミュニケーションをとることに長けた講師が教えてくれます。

また、発達障害家学習障害を持つ子供向けの個別指導塾では、専門の講師がつきっきりで勉強を教えてくれることになります。

何人もそういったお子さんを見てきた講師に任せることができるのは、大きなメリットになります

 

個別指導塾のデメリット

個別指導塾のほとんどの学習塾は、通常の学習塾よりも費用が高めに設定されていることがほとんどです。

1ヶ月にかかる月謝も、放課後等デイサービスや通常の学習塾から比べると高くなりますので、交通費なども含めて1ヶ月にどれぐらいかかるのかということを試算してから利用する必要があります。

 

目的に合わせた塾選びを

個別指導塾といってもその指導方法は様々です。

また、学習塾が目指している学習サポートの形も、塾によって変わってきますので、親御さんには、

・なぜ塾に通わせるのか

という目的の部分をはっきりと思っていただきたいと思います。

その目的に合わせて適切な塾を選ぶことが重要になるかと思います。

 

まとめ

様々な学習サポートの形がある中で、個別指導塾は最も勉強面の指導レベルが高い方法であるかと思います。

しかし、実際にその指導を受けるのは、保護者ではなく子供であるということを理解して利用する必要があるかと思います。

無理に勉強をさせようとすると、勉強自体を嫌いになってしまう可能性があります。

十分にお子さんの特性を理解して慎重に選ぶ必要があるかと思います。

発達障害の子供が大学受験の学習で通える塾の選び方

※このページは新しいサイトに移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。

 

発達障害を持つ子供でも大学受験は目指せるのかという部分に不安や悩みを持っていらっしゃる方も多いかと思います。

「発達障害」と一言で言っても、その種類や状況は一人一人の子供によって違ってきます。

そのため、学習サポートをしていく上でもその対策は変わってきます。

しかし、正しい学習支援や、大学受験に必要な勉強面のサポートを行えるのであれば、しっかりと勉強をして大学に進学することも可能です。

家庭教師や個別指導の塾という選択肢もありますし、発達障害の子どもを専門とした塾で大学受験を目指すということもできます。

こちらの記事では、発達障害の子供が大学受験をする場合の塾の選び方について解説を行っていきます。

お住まいの地域によっても選択肢は変わってくるかとは思いますが、基本的な塾の選び方を知ることで今後に活かしていただければと思います。

 

発達障害の子供でも大学受験は出来る?

発達障害の子供でも大学受験は出来ます。

特に、学校の授業にそれほど無理なくついていけるような学習レベルのお子さんでしたら、しっかりと勉強を行うことで大学受験をすることができます。

今のお子さんの学習レベルを把握することがまずは重要かと思います。

重要なのは大学受験に向けてしっかりと準備を行うということになります。

出来れば、早い段階でそのための準備のスタートをきることが重要です。

その一つとして考えられるのは学習塾の利用になります。

もちろん、放課後等デイサービスなどで学習面のサポートを行っている場合もあります。

学習塾にしても、放課後等デイサービスにしても、施設や教室によって学べることや対応などが変わってきます。

大学受験に必要な学習面のサポートを行ってもらえる環境を選ぶことが重要となります。

 

発達障害の子供が大学受験を目指す為の塾の選び方

発達障害の子供が大学受験を目指すために有効な塾の選び方を解説します。

今回は、放課後等デイサービスではなく、学習塾に限定した環境の選び方になりますので是非参考にしていただければと思います。

 

少人数制かどうか

一つの教室で多くの子供が学ぶスタイルの学習塾よりも、少人数制で授業が行われる学習塾の方が適していると思います。

子供によって向き・不向きは変わってくるかとは思います。

しかし、傾向として、一人の先生が多くの子供をサポートするよりも。より少ない人数の子供をサポートすることの方が、勉強していく上では有利に働きます。

多くの人数で一つの授業を受けるスタイルでは、気が散ってしまうという子供も多いです。

そういった意味では、個別指導か、もしくは少人数制の授業を行っている学習塾を選ぶことが重要かと思います。

 

発達障害の子供専門の塾かどうか

場合によっては発達障害の子ども専門の塾を選ぶ必要があります。

お子さんの学習レベルによっては、大学受験を目指すというよりも、まずは学校の授業についていくということが最優先される場合があります。

その場合は放課後等デイサービスでも対応は可能です。

それでも、放課後等デイサービスで対応ができない場合には、発達障害や学習障害の子供向けの学習塾に通う必要があるかと思います。

 

指導実績があるかどうか

十分な指導実績があるかどうかが重要となります。

特に、発達障害の子供でも受け入れてくれる塾で、尚且つその指導に長けた講師がいる塾であることが重要かと思います。

学校での授業と受験を目指すための勉強は若干の違いがあります。

受験を目指す場合には、子供の精神的な面でのケアを講師が行う必要があります。

そういった指導実績も含めて、経験値がその学習塾自体にあるのかどうかを判断する必要があります。

 

発達障害の子供向けの塾に通うメリットとデメリット

発達障害の子供向けの塾に通うメリットとデメリットを挙げてみます。

今のお子さんの学習レベルがどの程度なのかを判断した上で、

・通常の学習塾に通う方がいいのか

・発達障害の子供専門の学習塾に通うのがいいのか

ということを検討していただければと思います。

 

メリット

発達障害の子供との接し方に長けた講師陣がいることは、大きなメリットになります。

先ほどもあげた通り、学校の授業をサポートする場合の指導と受験のための指導は若干の違いがあります。

その上で必要になるのは、精神的なサポートになるわけですが、発達障害の子供とのコミュニケーションが円滑に進むかどうかということは非常に重要なポイントになります。

その上で、発達障害の子供専門に勉強を教えている講師陣は、そのコミュニケーションを普段から行なっている為、スムーズに指導を行うことができます。

 

デメリット

学習塾によっては、通常の塾よりも費用が高めに設定されている可能性があります。

もし送迎などのサービスも提供しているような塾であれば、その可能性は大きいかと思います。

さらに、実際に勉強教えてくれる講師もそれほど多くない為、定員が限られている可能性もあります。

 

まとめ

発達障害や学習障害を持ったお子さんでも、大学受験を目指すことは可能かと思います。

意識しなければいけないのは、今のお子さんの学習レベルがどういった状況にあるのかということを正確に判断することです。

まずはお住まいの地域で通える学習塾などをピックアップし、情報収集を始めてみるのが良いかと思います。