放課後等デイサービスの登校日以外の長期休暇中の利用について

※このページは新しいサイトに移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。

 

放課後等デイサービスでは施設によって利用出来る時間帯に若干の違いがあります。

「土曜日や日曜日でも通えるの?」

「夏休みなどの長期休暇の場合はどうはるの?」

「学校の登校日じゃない日はどうするの?」

いま放課後等デイサービスの利用を考えている方はこんな疑問をお持ちですよね。

これは発達障害を持った子供を持つ保護者の方以外にも、学童の時間帯などを気にされる方が多いので当然だと思います。

普段は学校に登校している間はお仕事をされている方もいらっしゃるでしょう。

放課後等デイサービスではその多くの施設が土日祝日も可能な限り利用できるように運営されています。

また、一般的には平日でも学校は夏休みや冬休みなどの長期的な休業日を設定いますよね。

その場合でも学校が長期休業する場合の利用時間の設定を別で行っている施設もあります。

学校が休業日でも使えるのかどうか

夏休みなどの長期休暇の際も利用できるのか

こちらの記事では放課後等デイサービスにおける、学校休業日の利用について解説を行います。

学校登校日以外のときはどんな対応になるのかどうかを理解しておきましょう。

 

放課後等デイサービス学校登校日以外にも利用できる?

放課後等デイサービスでの学校登校日以外の利用は施設によって若干の違いがあります。

・学校の登校日も休業日も利用できる施設

・学校の登校日しか利用できない施設

・学校の休業日は利用できる時間帯を別で設定している場合

などがあります。

これは施設が配置している職員の人数などによっても違ってくるかと思います。

施設を見学に行った際や市区町村の窓口に、利用時の説明をしてくれる場合もあります。

ただ、いま放課後等デイサービスの利用を検討されている方は、施設によって異なる運営がされていることは覚えておきましょう。

 

学校の長期休暇中の利用について

学校が夏休みや冬休みなどの比較的長期の休暇・休業を行う際の利用時間はどうなるのでしょうか。

これに関しては、夏休み中でも問題なく利用出来ることがほとんどかと思います。

事実、放課後等デイサービスで働く署員の皆さんも仕事ですので、施設が営業されていない状態ということは少ないと思います。

保護者の方には平日はお仕事をされている方ももちろん多いですよね。

通常の平日はお子さんが学校に行っている時間に預かってもらえないとなると、保護者側の生活サイクルを変えないといけない事態になります。

そういった方の不便を無くことにもつながる為、多くの施設では日中から預かってくれることが多いです。

 

長期休暇中の施設の活動・過ごし方

夏休みなどの長期休暇中は放課後等デイサービスでは、普段よりも長い時間の営業になることが多いです。

普通は学校で過ごしている時間は、施設はどんな活動内容になるのでしょうか。

放課後等デイサービスでは施設によって色んな特色を持っています。

・SST(ソーシャルスキルトレーニング)を重視している施設

・簡単な習い事が出来る施設

・日常の生活をしていく為に必要スキルを身につける施設

これら以外にも様々な特色があります。

夏休みなどの長期期間中や、学校休業日で長い時間を預けられる施設では、こういった療育の時間にあてる時間が長くなるようです。

9時~ : 学校の宿題やそれぞれの施設のと特色にあった活動

12時~: 昼食の時間

午後 : 自由時間

17時~: 各自下校時間

学校休業日や長期休暇中の過ごし方の一例が上記になります。

また、これは一日の流れにはなるのですが、これとは別に放課後等デイサービスでは年間行事の中にイベントが盛り込まれています。

それらの行事やイベントの準備の為の時間が設けられることもあります。

 

まとめ

放課後等デイサービスは「障害児の学童保育」と言われるだけあって、休日の利用にも最大限対応しています。

学校登校日(通常の平日)以外にも利用出来ることがほとんどです。

ただし、それはお住まいの地域で利用を検討している施設に直接確認を取られるのが確実な情報となります。

ぜひお近くの施設まで問い合わせて聞いてみましょう。

放課後等デイサービスでのトラブルって大丈夫?施設の選び方は?

※このページは新しいサイトに移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。

 

お子さんを放課後等デイサービスに通所させるかどうかを検討されている親御さんの中には、

「施設でトラブルってないの?」

「安心して預けられるのかしら?」

こんな風に思われている方もいらっしゃいますよね。

また、既に利用されている方で利用中のトラブルに巻き込まれているという方もいらっしゃると思います。

2012年の放課後等デイサービスの制度開始以降、全国各地に施設が急増しました。

それと共に利用する方も増えています。

発達障害を持った子どもにとっては、安心・安全が確保されているべき施設ですが、少なからずトラブルはあります。

施設の利用中は、子供の施設での生活は職員の監督下にあります。

その為、施設には職員の人員配置について明確な基準が定められています。

それでも、そこに集まるのは人間ですので、トラブルが発生してしまうこともあるのです。

場合によっては弁護士を挟んでの法律的な部分に発展していることもあります。

しかしこれらの問題も、施設利用前に正しい放課後等デイサービスの選び方を知っていれば防げたかもしれません。

こちらの記事では、施設の利用に際してどんなトラブルがあるのかを解説します。

またそれを少しでも避ける為の放課後等デイサービスの選び方も説明させて頂きます。

続きを読む放課後等デイサービスでのトラブルって大丈夫?施設の選び方は?

放課後等デイサービス は手帳なしの状態でも受給者証で利用できる?

※このページは新しいサイトに移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。

 

放課後等デイサービスを利用するにはいくつかの条件があります。

その中でも疑問として多いのが「療育手帳」がなくてもサービスを受けれられるのかということです。

「手帳なしの状態でも通えるの?」

「受給者証があれば利用出来るって聞いたけど本当?」

という疑問をお持ちの方もいらっしゃいますよね。

放課後等デイサービスは「受給者証」があれば利用出来ます。

お子さんが発達障害をお持ちで、市区町村が福祉サービス全般の受給が必要と認めているようであれば問題なく利用出来ます。

放課後等デイサービスの各施設で支援を受けることが出来るようになるまでにはいくつかのステップを踏む必要があります。

放課後等デイサービスについて情報収集されている方

これから施設の利用を検討されている方

療育手帳や受給者証の仕組みを知りたい方

これらの該当する方はこちらをご覧頂ければ、放課後等デイサービスでの発達支援の仕組みも含めてご理解いただけます。

ぜひこちらの記事を参考に施設の利用を検討して頂ければ幸いです。

続きを読む放課後等デイサービス は手帳なしの状態でも受給者証で利用できる?

放課後等デイサービスを知的障害の児童の利用法と支援について

※このページは新しいサイトに移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。

 

放課後等デイサービスでは主に発達障害を持った児童を発達支援を目的として運営されています。

では、同じ精神障害として位置づけられている「知的障害」の児童は放課後等デイサービスに通えるのでしょうか。

「自分の子どもは放課後等デイサービスを利用出来るのか?」

「発達障害、知的障害、学習障害…色々あって混乱している」

こういった方も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

発達障害と知的障害は言葉は違いますが、精神障害として並列で扱われることが多いですよね。

専門家の立場から見れば厳密的な違いがあるのかもしれません。

ただし、放課後等デイサービスを利用できるか否かという点ではそこまで厳密に考える必要はありません。

問題なく知的障害の児童でも利用することが出来ます。

児童福祉法の運用の中で規定されている条件に合致するのであれば利用出来ます。

知的障害のお子さんの子育てをされている方

これから放課後等デイサービスの利用を検討される方

ぜひこちらの記事を読んで概要の理解を深めて頂ければと思います。

続きを読む放課後等デイサービスを知的障害の児童の利用法と支援について

放課後等デイサービスでの中学生の支援体制について 学習指導はあるのか?

※このページは新しいサイトに移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。

 

放課後等デイサービスは中学生でも利用することが出来ます。

施設によって療育プログラムや支援の内容に若干の差がありますが、小学生・中学生・高校生まで利用することが出来るのが放課後等デイサービスです。

いま放課後等デイサービスの利用を検討している方の中には、

「中学生向けにはどんな指導をしてもらえるの?」

「学習支援もあるの?」

というように、中学生が利用した場合の活動内容について気になる方もいらっしゃると思います。

こちらの記事では、どんな活動内容でどんな支援が行われているのかをご紹介します。

小学生のときよりも、身体を動かすことが出来るようになり、自立した生活に近づく時期にどんな療育が行われるのか。

その点を解説していきますので是非参考にして頂ければと思います。

続きを読む放課後等デイサービスでの中学生の支援体制について 学習指導はあるのか?

放課後等デイサービスを高校卒業後に18歳以上で特例で利用することは出来る?

※このページは新しいサイトに移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。

 

放課後等デイサービスを利用できるのは18歳までの障がい児となります。

つまり、原則的には18歳の誕生日を迎えた時点で放課後等デイサービスの対象者ではなくなります。

しかし、その通りに運用してしまうと実質的には4月生まれの人と3月生まれの人ではサービスを受けられる期間が不平等になってしまいます。

その為、実運用に照らし合わせた場合には「高校卒業後」まで利用が出来る場合がほとんどです。

では、高校を卒業したあとは放課後等デイサービスは利用できないのでしょうか。

「高校卒業後はどうすれば良いの?」

という不安がある方も多いと思います。

放課後等デイサービスの利用には20歳まで利用出来る特例もありますが、特例の適用には特例があります。

また、その特例が適用にならなかった場合、障がいを持った本人のみならず、家庭でのサポート体制も変えなければいけません。

放課後等デイサービスを利用している方

これからの利用を検討されている方

のどちらの方にも高校卒業後に考えなければならない問題になります。

こちらの記事では、卒業後の対応についてまとめています。

ぜひ参考にしていただければと思います。

続きを読む放課後等デイサービスを高校卒業後に18歳以上で特例で利用することは出来る?

放課後等デイサービスの利用には所得制限がある?利用者負担の上限は?

※このページは新しいサイトに移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。

 

放課後等デイサービスの利用料金は市町村ごとに定められています。

通常、利用者負担が1割、自治体の負担が9割となっています。

施設によっても違いますが、1回の利用で約1000円程の負担となります。

気になるのは、放課後等デイサービスの利用には所得制限があるかどうかです。

「所得制限があって利用出来る人が限定されるの?」

「所得によって利用者負担が変わるの?」

ということが気になる方もいらっしゃると思います。

結論をお伝えすると、所得によって利用できないということはありません。

受給者証があり、各自治体での手続きを正しく行えばどんな家庭でも利用することが出来ます。

ただし、世帯所得によって利用者が負担するべき上限額が違います。

こちらの記事では放課後等デイサービスの利用を検討していて、所得と利用者負担について心配されている方に向けて、

利用料金についてまとめております。

ぜひ参考にしていただければと思います。

続きを読む放課後等デイサービスの利用には所得制限がある?利用者負担の上限は?

放課後等デイサービスは一人ひとりに合わせた個別療育は可能?

※このページは新しいサイトに移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。

 

放課後等デイサービスでの活動や支援の内容には様々な形があります。

その中でも、一人ひとりの状況に合わせた療育が「個別療育」です。

多くの放課後等デイサービスでは個別療育と集団療育の両方を取り入れています。

いま放課後等デイサービスの利用を検討されている方は、

「個別療育ってどんなことをするの?」

という疑問があるかと思います。

個別療育では様々なメニューや療育プログラムがあります。

こちらの記事ではその事例をいくつかご紹介します。

放課後等デイサービスの利用に関しては、初めて利用される方にとっては分からないことだらけですよね。

実際にお住まいの近くの施設に相談を行うことも可能ですが、まだその段階では無い方はぜひこちらのサイトを参考にしてみてください。

続きを読む放課後等デイサービスは一人ひとりに合わせた個別療育は可能?

埼玉県草加市の子育て支援の仕組みや相談窓口の案内について

※このページは新しいサイトに移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。

 

各市町村にはそれぞれの子育て支援の体制があります。

埼玉県草加市でも子育て支援に関わる制度や支援の仕組みがあります。

出産から子育てまでを一貫してサポートしたり、障がい児の発達支援にも力を入れています。

子育て支援センターという拠点を中心として、民間の福祉施設とも連携を取りながら児童と子育て世代のサポートを行っています。

「子育てに関しての相談ってどこにすれば良いの?」

という方は、子育て支援センターの総合相談窓口に相談すれば問題ありません。

専門の職員によるアドバイスを受けることが出来ます。

初めての出産で分からないことが多い

子どもの発達や発育で気になることがある

子どもに関する手当や制度について知りたい

こういったことを解決することが出来ます。

こちらの記事では草加市の子育てに関する情報や窓口の情報についてまとめております。

ぜひ参考にされてみてくださいね。

続きを読む埼玉県草加市の子育て支援の仕組みや相談窓口の案内について

埼玉県草加市で発達障害の診断や検査ができる病院・クリニック

※このページは新しいサイトに移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。

 

埼玉県草加市で発達障害の診断が出来る病院をまとめております。

子どもの発達障害は一般人ではもちろん判断しにくい為、気になる場合には早めに病院やクリニックにて医師による検査・診断を受けましょう。

もし発達障害であると診断された場合、草加市では子育て支援、児童福祉の観点での支援が行われております。

こちらのサイトでも多くの情報提供を心掛けておりますのでぜひ草加市の窓口等に相談してみましょう。

続きを読む埼玉県草加市で発達障害の診断や検査ができる病院・クリニック