放課後等デイサービスでの作業療法士の役割について

※このページは新しいサイトに移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。

 

放課後等デイサービスでは作業療法士のお仕事もあります。

「放課後等デイサービスの作業療法士の役割って何?」

「どんな仕事をしているの?」

そんな疑問を持たれる方もいらっしゃると思います。

作業療法士が放課後等デイサービスで担う役割は、専門的な訓練が必要な障害児の療育や発達支援になります。

続々と放課後等デイサービスが増えるなかで、作業療法士による発達領域での作業療法士のサポートは大きな役割を果たすことになります。

決まった遊びに固定されがちな施設での活動も、作業療法士の観点から工夫を加えることで療育の方法に幅を持たせることが出来ます。

こちらの記事では放課後等デイサービスにおける作業療法士の役割について解説を行います。

続きを読む放課後等デイサービスでの作業療法士の役割について

放課後等デイサービスで経営悪化や倒産の危機に追い込まれる理由

※このページは新しいサイトに移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。

 

放課後等デイサービスは儲かるビジネスとして注目を集めました。

しかし、現状では経営悪化に追い込まれる施設も少なくありません。

これは運営を行う企業だけでなく、施設を利用する側にも影響があります。

こちらの記事では放課後等デイサービスの経営悪化について解説を行います。

 

放課後等デイサービスで経営悪化している理由

放課後等デイサービスを運営する企業が経営悪化に追い込まれる理由は一つではありません。

いずれかの理由で赤字経営になってしまうこともあれば、複合的な理由で事業の存続が難しくなることもあります。

下記ではその理由をいくつか挙げてみたいと思います。

 

報酬改定による影響

平成30年に施行された報酬単価を改定にて、それまで売上としてあがっていた基本報酬が減少したことにより経営悪化した施設が多いです。

このことで施設で働く職員の給与が削減されたり、人員が削減されるという事態が全国各所で発生しました。

 

親会社の事業の影響

放課後等デイサービスを運営している企業は他にも事業を行っている場合があります。

本来行っている事業の経営が傾くと、それに伴い放課後等デイサービスの運営にも余波がある場合があります。

 

人材の確保が困難

放課後等デイサービスでは10人の子どもを受け入れるのに2人の職員を配置しなければいけません。

さらに、この職員に求められる要件も規定されていて、経験がある職員でなければならない為、人材確保が困難な状況にあります。

仮に施設を利用したいと思っている人が多かったとしても、施設側が受け入れられない状況というのが少なからずあります。

 

市場の飽和

平成24年の児童福祉法の改正で放課後等デイサービスが制度化されて以降は、各地域で施設の開業ラッシュがありました。

現状では多くの企業が障害福祉サービスの市場に参入しており、差別化が図れなければ生き残りが厳しい状況になっています。

 

廃業や閉所に追い込まれることの影響

放課後等デイサービスは、発達障害や知的障害の子どもを持つ保護者にとってのニーズは高いです。

・平日の仕事をしている間も子どもを預かってくれる

・子どもに療育や発達支援に親身になってくれる

こういった需要があるのです。

地域によっても違いますが、そもそも放課後等デイサービスの施設を選ぶ際の選択肢が少ない地域に住んでいる子どもや保護者の利便性が低くなるという影響があります。

 

まとめ

放課後等デイサービスの経営悪化に関しては、その原因は一つでは無く様々な状況によってつくり上げられているということになります。

放課後等デイサービスの実態は?調査から分かる障害児の居場所

放課後等デイサービスでキャンセル料は利用料金に加算される?

※このページは新しいサイトに移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。

 

放課後等デイサービスを利用していく上では、欠席をしなければならない日もありますよね。

本来であれば施設に通う予定の日でも、

高熱が出てしまった

欠席の連絡をするのを忘れていた

家族の急用で休まざるを得なくなった

等の理由で施設に利用キャンセルの連絡を入れることも必ずあると思います。

この時にキャンセル料は掛かるのでしょうか。

こちらの記事では放課後等デイサービスを利用する上でのキャンセル料の扱いについて解説をします。

利用料金に関わる部分ですのでぜひ参考にされてみてください。

続きを読む放課後等デイサービスでキャンセル料は利用料金に加算される?

放課後等デイサービスは赤字の事業運営になる可能性もある

※このページは新しいサイトに移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。

 

放課後等デイサービスの施設は赤字での事業運営になってしまうケースがあります。

実際に報酬改定をきっかけに赤字になってしまったケースや廃業になってしまった施設があります。

どういった場合に赤字のリスクがあるのかどうかを見ていきたいと思います。

運営している企業の経営状況は、最終的には実際に利用する児童や保護者も影響を受ける可能性があります。

サービスを充実させる、新規利用者の集客を増やすなどして事業が安定していることが利用者にとっても望ましいことなのです。

続きを読む放課後等デイサービスは赤字の事業運営になる可能性もある

放課後等デイサービスは儲かるの?障害福祉サービスビジネスの開業について

※このページは新しいサイトに移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。

 

開業や独立を考えている方で放課後等デイサービスの運営を考えている方は多いです。

「障害児の学童保育」と呼ばれる放課後等デイサービスは儲かるのか?

事実、儲かっている施設とそれほど利益をあげられていない施設があります。

赤字を抱えていたり、何かしらをきっかけとして経営が悪化している施設もあります。

開業すれば必ず儲かるというわけではもちろんありません。

こちらの記事では放課後等デイサービスをめぐるビジネスについて解説を行います。

続きを読む放課後等デイサービスは儲かるの?障害福祉サービスビジネスの開業について

放課後等デイサービスを辞めたいと思う職員の理由

※このページは新しいサイトに移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。

 

全国の放課後等デイサービスでは多くの職員が働いています。

報酬改定などの影響で給与カットや人員削減などの経営的な影響も出ていますが、それでも放課後等デイサービスの求人のニーズは高いです。

どの施設も経験の保育士経験や看護師経験のある職員の採用を望んでおり、求人においては売り手市場といえます。

その一方で、実際に施設で働いている職員の方の中には、

「今の職場を辞めたい…」

「転職しても良いのかな?」

というように、辞めようかどうかを悩んでいる方も多いですよね。

放課後等デイサービスの職員の求人ニーズは高い為、転職活動をしっかり行えば働く職場を見つけることは出来ると思います。

それでも、今の施設に通う児童たちのことを考えれば辞めにくいのも事実です。

放課後等デイサービスを辞めたいと思っている方

転職を考えている方

こちらに該当する方に向けて、施設を辞めたいと思う理由をまとめてみました。

転職を考える際に注意すべき点などもまとめております。

ぜひ参考にして頂ければと思います。

 

放課後等デイサービスを辞めたいと思う職員は多い

放課後等デイサービスでは主に発達障害を持った児童を預かりますから、子どもに寄りそえばよりそうほどストレスがたまるかもしれませんね。

その結果、「施設を辞めたい」と思っている職員の方も多いです。

客観的に見ても、人材の流動が多い業界でもあるかもしれません。

それに拍車をかけるように、放課後等デイサービスの基本的な施設運営を規定している児童福祉法による報酬改定の影響もあります。

給与カットや人員削減などを行う施設も少なくありません。

詳細は下記の記事をご覧ください。

放課後等デイサービスの実態は?調査から分かる障害児の居場所

こういった事情からも、転職をして他の施設や業界に移りたいと考える職員も多いのです。

 

放課後等デイサービスを辞めたい理由

放課後等デイサービスで働く職員が施設を辞めたいと感じる理由はある程度決まっています。

 

事故の責任

施設には多くの発達障害の児童が通うことになります。

生活能力の向上が必要な子どももいれば、活発に活動する子どもいます。

さらに言えば、対象年齢が小学生から高校生までになるので、年齢が分かれた児童が同じ施設で活動します。

その活動の中では子どもが打撲や骨折するという事故もあることがあります。

また、目を離した隙に一人で行動してしまう子どもも居て、一時的な行方不明状態になることもあります。

そういった事故が起きた際の責任問題が職員に振りかかることが多く、ストレスを感じやすい職種であると言えます。

 

人手不足

福祉業界全体に通じる問題になります。

施設を運営する為には資格を持った人材を配置する必要があります。

また、実際に子どもの療育や支援に携わる職員に関しても保育士や看護師等の資格を持った職員を求める傾向にあります。

しかし、求人数に対しての人材が不足しており、施設あたりの職員数が多く確保出来ないことがあります。

そうなると、1人あたりの業務量や範囲が大きくなり負担が増える傾向にあります。

 

障害児による暴力

中には職員や他の児童に暴力的にふるまってしまう児童がいます。

本人は何かしらの自己主張であっても客観的に見れば暴力になってしまうことがあるのです。

そういった子どもに接することは職員の性格によっては辞めたいと感じてしまう一因になるのかもしれません。

 

人間関係

どの職場でもありがちな人間関係の問題もあります。

特に放課後等デイサービスでは職員同士の人間関係と、預かっている子ども保護者との信頼関係の構築が必要になります。

そういった多くの人間関係の中でどうやって立ち回ってよいのかが分からない方はストレスになってしまいます。

 

給与・人員削減

勤めている施設の経営状況も関わります。

運営を行っているのは民間企業の為、職員の給与・賞与は施設によって変わります。

その給与も経営状況によって削減されたり、賞与が無くなったりすることがあります。

それに伴い、人員削減なども行われることがあります。

 

転職を考える場合の注意点

上記のようなことが重なって、もし転職をしたいということであれば、それも選択肢の一つだと思います。

ただし、今の施設を辞めて同じ放課後等デイサービスの違う施設に転職を行う場合は注意すべき点があります。

それは、

・また同じような状況にならないかどうか

を考えなければならないということです。

事前に待遇や労働環境についての確認を行ったり、可能であれば実際にその施設で働く人の話を聞いてみるということをしてみましょう。

それでも転職をしたいということであれば踏み切っても良いと思います。

もし少しでも納得出来ない部分があるのであれば、もしかすると今と同じような状態になる可能性があります。

 

まとめ

放課後等デイサービスを辞めたいと感じる理由を挙げてみました。

もしこれを読んでくれているあなたが辞めたいと思っているのであれば、同じ境遇の方に相談してみるのも良いかもしれません。

発達障害を持った児童の支援は大変です。

あまりストレスをため込まないようにしましょう。

放課後等デイサービスがつぶれる危機 報酬改定で事業が傾くこともある

※このページは新しいサイトに移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。

 

放課後等デイサービスは民間企業が運営していることがほとんどの為、つぶれることもあります。

発達障害の子どもの学童保育の機能を有している施設ですので、企業ばかりでなく利用者や施設で働く職員にも影響が出る場合があります。

2018年4月に行われた報酬改定の影響で廃業に追い込まれる施設も出てきており、職員の給与カットや人員削減を行う施設も少なくありません。

こちらの記事では放課後等デイサービスのそういった経営悪化について解説を行います。

続きを読む放課後等デイサービスがつぶれる危機 報酬改定で事業が傾くこともある

放課後等デイサービスでの連絡帳の役割と書き方のコツ

※このページは新しいサイトに移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。

 

放課後等デイサービスでは保護者と施設の職員の間で連絡帳によって日々の記録をやりとりしていますよね。

この連絡帳はどんな書き方をされていますでしょうか。

「連絡帳の書き方が分からない…」

「書くネタが見つからない!」

「書き方のコツなどがあれば知りたい!」

そう思っている職員の方や保護者の方もいらっしゃいますよね。

元々文章を書くのが苦手だったり、文章を書くことに慣れていない方もいらっしゃると思います。

こちらの記事をご覧頂ければ、連絡帳を有効活用して、児童の療育や保護者と職員の信頼関係を高めることが出来るかと思います。

放課後等デイサービスでの連絡帳の書き方を知りたい方

どんなことに気を付けて書いたら良いかを知りたい方

ぜひ今後の参考にして頂ければと思います。

続きを読む放課後等デイサービスでの連絡帳の役割と書き方のコツ

放課後等デイサービスで利用できる送迎の時間について

※このページは新しいサイトに移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。

 

放課後等デイサービスでの送迎サービスの有無は施設によって異なります。

もし車での送迎がある施設であっても送迎時間に違いがあります。

「どれくらいの時間に送迎してくれるの?」

「希望の時間にお迎えに来てくれるの?」

こういった疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。

こちらの記事では放課後等デイサービスの送迎サービスの時間について解説を行います。

これから利用を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

続きを読む放課後等デイサービスで利用できる送迎の時間について

放課後等デイサービスの送迎に利用する場合の費用・料金について

※このページは新しいサイトに移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。

 

放課後等デイサービスでは自宅から施設までの間を車で送迎してくれる施設があります。

「送迎してもらえるのは嬉しい!」

「利用するのはどれくらいの料金や費用が必要なの?」

という方も多いと思います。

こちらの記事では放課後等デイサービスの送迎費用について解説を行います。

 

放課後等デイサービスの送迎に掛かる費用

放課後等デイサービスでは車での子どもの送迎を提供している施設があります。

送迎サービスを利用すれば、自分で施設に通うのが難しい児童でも安心して通うことが出来ます。

もし、学校が休業の日にも預かってもらえるような施設の場合は、保護者の方も助かりますよね。

送迎サービスを利用する場合には片道約54円~の送迎費用が掛かる施設が多いです。

これは施設が市町村に請求する報酬から算定されているので、多くの施設がこれぐらいの費用でサービス提供を行っています。

 

送迎は全ての施設が提供しているわけではない

放課後等デイサービスでの送迎サービスは全ての施設が提供しているわけではありません。

施設側が必ず提供しなければいけないサービスではありませんので、送迎サービスを提供していない施設もあります。

もし、これから放課後等デイサービスの利用を検討されている方で、送迎サービスを希望されている方は、ご契約前に必ず職員の方に確認を取りましょう。

 

送迎以外にも実費負担が必要なもの

先ほども触れた通り、送迎サービスは施設の利用料金とは別の費用が発生します。

この送迎以外にも実費負担が必要な項目があります。

実費負担が必要なものは、利用するかどうかを利用者が選べるものがほとんどです。

しかし、施設内の活動上必要なものに関しては実費負担を要するものがあります。

これらに関しては施設との契約時に説明があるはずですが、利用を検討されている方も事前に確認をとっておいた方が宜しいかと思います。

実費負担が必要になるものに関しては下記の記事も合わせてご覧ください。

放課後等デイサービスのおやつ代の実費負担はどれくらい掛かるの?

 

まとめ

放課後等デイサービスで掛かる送迎費用は往復で100円程度になります。

お仕事をされている親御さんや、子どもを徒歩で通わせることが少し不安な方はぜひ利用したいところですよね。

送迎サービスがあるかどうかという基準で施設を選らんでも良いかもそれませんね。